「復唱」と「オウム返し」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「復唱」と「オウム返し」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「復唱」「オウム返し」の違いを分かりやすく説明していきます。

「復唱」とは?

「復唱(ふくしょう)」とは、「指示・命令などの確認のために、相手の話した言葉を自分も繰り返していうこと」を意味している言葉です。

例えば、「上司からの指示内容を復唱しました」などの例文で使えます。

「復唱」の表現には「復唱して内容を暗記します」のように、「同じ文章を繰り返し読むこと・同じ言葉(フレーズ)を何度も唱えること」といった意味もあります。

「オウム返し」とは?

「オウム返し」とは、「相手が話した言葉(フレーズ)をそのまま繰り返すこと」を意味している言葉です。

「オウム返し」をする心理的要因として、「相手の発言内容の確認」「相手の気持ち(言いたいこと)を理解したことの伝達」「無意識(特別な意図なし)」などを想定することができます。

「オウム返し」の言葉は、人の声を聞いて真似するオウムの習性に由来して生まれた言葉です。

「復唱」と「オウム返し」の違い!

「復唱」「オウム返し」の違いを、分かりやすく解説します。

「復唱」「オウム返し」も、「相手が言った言葉を、そのまま自分も繰り返して言うこと」を意味しているという点では共通しています。

しかし、「復唱」という言葉は「命令・指示・伝達などの内容を確認する目的(意図)」を持って、「相手の話した言葉を自分も繰り返して言うこと」を意味していますが、「オウム返し」のほうは「相手の指示・命令を確認するための意図」が必ずしもあるわけではありません。

「オウム返し」「復唱」と比べると、「無意識で(特別な意図はなく)相手の発言を自分も繰り返すこと」「理解したことを伝えるコミュニケーションスキルとして、相手の発言を繰り返すこと」を意味している違いがあるのです。

また「復唱」には「オウム返し」にない「何度も同じ言葉を唱える」の意味もあります。

まとめ

「復唱」「オウム返し」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「復唱」とは「確認のために、相手の話した言葉を自分も繰り返していうこと」「同じ文章を繰り返し読むこと」を意味していて、「オウム返し」「(人の言葉を真似するオウムのように)相手が話した言葉をそのまま繰り返すこと」を意味している違いがあります。

「復唱」「オウム返し」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典