スポンサーリンク

「心が報われる」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「心が報われる」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「心が報われる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「心が報われる」とは?意味

「心が報われる」の意味を考えるポイントとして、まず「報われる」の意味を説明します。

「報われる」とは「自分が一生懸命に努力をしたことにより、それに相応する結果や成功を得ること」を意味する言葉です。

従って「心が報われる」とは、「悩みや問題を抱えていて、非常につらく苦しい気持ちでいたものが、何らかの自分の努力により、苦しみが和らぎ精神的に良い状態になること」を意味します。

この場合、状況として目に見える位幸せになったり成功したりするのではなく、自分の気持ちを理解して貰ったり大切にして貰ったりすることを表しています。

「心が報われる」の概要

「心が報われる」の意味は、前項で記載した通りですが、ここで「苦しみが和らぎ精神的に良い状態になること」と記しましたが、その状態は傍目に見て、非常に幸せになったと言う表面的な状況を意味するものではありません。

一般的には自分の気持ちが相手に伝わり、理解してもらえたり、大切にしてもらえるようになったりする事で、安堵して精神的に楽になったと言った精神面の良化を意味するものです。

「心が報われる」と似た「心が救われる」と言う言葉があります。

こちらの「心が救われる」の方が、むしろよく聞く言葉かも知れませんが、その言葉との違いについて少し説明します。

「報われる」「救われる」も、「一生懸命努力をしたことにより、ものごとが良化や解決する」と言う共通性はあります。

しかし「救われる」「ものごとが良化や解決する」ことまでを表現する言葉であるのに対し、「報われる」「その結果、どうなったか」までを表現するという違いがあります。

すなわち、「心が救われる」「悩みや問題を抱えていて、非常につらく苦しい気持ちでいたものが、何らかの自分の努力により、苦しみが和らぐ」までを意味し、「心が報われる」では、その結果「精神的に良い状態になること」までを意味すると言う違いがあるのです。

「心が報われる」の言葉の使い方や使われ方

「心が報われる」の言葉は、『私の真意を理解してくれる人が当初はほとんどおらず、精神的疎外感に苛まれ、辛い思いをしていましたが、根気強く真意を伝える努力をした事で、理解者が増え、ようやく心が報われました。』の様に使います。

「心が報われる」の類語や言い換え

「心が報われる」の類語や言い換えとして、ニュアンスは少し異なりますが、「心が救われる」「心が理解され安堵した」「真意が日の目を見て安堵した」などが挙げられます。

まとめ

「心が報われる」とは、「悩みや問題を抱えていて、非常につらく苦しい気持ちでいたものが、何らかの自分の努力により、苦しみが和らぎ精神的に良い状態になること」を意味する慣用句です。

「心が救われる」と似ていますが、「心が報われる」の方は、「心が救われた後、どうなったかのか」までを表現する言葉であると言う違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典