スポンサーリンク

「心が洗われる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「心が洗われる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、心が洗われるの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

心が洗われるとは?意味

心が洗われるとは、穢れた部分が洗われたようにすっきりと落とされて、心が澄み切ったように綺麗になることを意味しています。

主にこの言葉は、人の胸の奥深くにある気持ちをしっかり洗えば悪いことを考えるような気持ちを持つこともなく、明るく、清らかな心になるという意味合いがあります。

この心が洗われることで怒りっぽい性格が穏やかになったり、気持ちが明るくなる、前向きになるなど人生がいい方向に傾くという意味がある言葉です。

心が洗われるの概要

人が生きていると他人から裏切られたり、意地悪を受けたりして澄んだ心が次第に荒んでいき、穢れていきます。

穢れた心を持った人は幸せそうな者を見ると酷く嫉妬し、不幸にしてやりたいという愚かな気持ちを持つようになります。

そのような穢れた気持ちを持ったままでは人から嫌われてしまう要因ともなってしまいますので、定期的に心を洗って浄化することが大切です。

浄化することで気持ちがすっきりして人を恨むこともなく、朗らかに生きられるようになります。

清々しい気持ちを持つ人は優しい性格になり、人に対して優しくなれたり、問題が起きても責めるようなこともない素敵な人になります。

人の心を清らかにするには神秘的なものを見たり、厳かな音を聴く、美しい景色を眺めるなどして気持ちを静め、無になれるようなものを見たり聞いたりしたときです。

心が洗われるの言葉の使い方や使われ方

厳粛な雰囲気が漂う中にいて、自分の心が清められた状態になったとき、心が洗われたと言い表します。

真っ白な雪が降り積もった山々の景色を眺めたときや、透明度の高いきれいな湖の景色を眺めたときなどに心が洗われると、いかに自分の気持ちが穏やかになったかを表現できる言葉なのです。

また、音や風景だけではなく、人が話す人生論や悟りなど聞くと穢れた心が澄んだ状態になりますが、このようなときは「彼の話を聞いて心が洗われたような気持ちになる」と前向きになったさまを伝えます。

純粋で穢れが無く、天使のようなかわいさのある少女を見ただけでも「心が洗われるような人なのだろう」と感心するときにも使われている言葉です。

心が洗われるを使った例文

・朝、かわいらしい小鳥のさえずりを聞くと心が洗われる。

・朝早くから近所の子供が犬を可愛がり、世話する姿を見ると心が洗われる。

・教会の前を通ると厳かで幻想的なパイプオルガンの音色が聴こえてきて心が洗われる。

かわいい小鳥のさえずりはなんとも穢れのないかわいい声に聴こえます。

その声で邪念も忘れてしまうように感じる人は多いのです。

また、学校に行く前に子供がペットの犬を散歩したり、餌を与える姿は動物を愛する気持ちを強く感じますし、優しさを感じた人は心が洗われます。

そして、幻想的で厳かに感じるパイプオルガンの音色は悪い気持ちが無くなり、綺麗な状態になるときに使うのです。

まとめ

澄んだ空気に包まれたり、地球の神秘を感じさせるような自然の造形物を見たとき、人の優しさに触れたときなど穢れがないもの、人の気持ちを穏やかにするものを体験したときに心が洗われます。

穢れがなく、神秘的に感じるものは人の邪念や嫉妬心など汚らわしいものを拭い去り、綺麗にする効果がありますので、もし心が穢れたと感じたときは心が洗われるものを見つけてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典