スポンサーリンク

「心の居場所」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「心の居場所」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「心の居場所」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「心の居場所」とは?意味

「心の居場所」とは、「こころのいばしょ」と読みます。

「居場所」とは、人などのが住んでいる場所、人が社会の中で安心していられる場所を意味する言葉です。

「心の居場所」とは、人が普段誰しもが抱えている日常生活を送る上で受けるストレスや重圧などといった負の感情から開放されるために、楽に思えたり、心地よく感じたりする場所などを指します。

「心の居場所」の概要

「心の居場所」とは、人間誰しもが抱えているストレスなどを開放したり軽減したりするため、リラックスできたり、心を落ち着かせたり、ストレスの原因となっている事について考えなくてもよい場所などを指します。

「居場所」と言う言葉が使われているため「場所」限定と思われがちですが、「心の居場所」となり得るのは決して場所だけとは限りません。

人によっては、友人や両親、恋人やペットなどと過ごす事がリラックスできる事だと感じる人もたくさんいます。

その人たちは場所を問わず恋人やペットなどと一緒に過ごす事が「心の居場所」となり得ます。

このように「心の居場所」になるのは、場所だけではなく、人であったり、動物であったり、人それぞれ違うのです。

そしてその「心の居場所」を見つけ出す事が、生きる上でのストレスのバランスを取る重要なカギになるのです。

「心の居場所」の言葉の使い方や使われ方

「心の居場所」は、人によってその価値観や思いなどが異なるため、どんな場所でも当てはまります。

例えば、Aさんは恋人と過ごす何気ない時間が「心の居場所」と感じるかもしれませんし、Bさんはカラオケに行って思いきり歌う事が「心の居場所」だと言うかもしれません。

さらに言うとCさんは家で何時間も何もせずにベッドの上で過ごす事が「心の居場所」になると感じるかもしれません。

このように「心の居場所」は、その人によって一番心地よく、リラックスする事ができて、ストレスを軽減し開放する場所が当てはまります。

そのため「心の居場所」として使用される元になる事はそれぞれ人によって違ってくるのです。

「心の居場所」を使った例文(使用例)

・『私は犬のポチと過ごす時間が心の居場所となっている』
・『僕の心の居場所は、週末に山へ登って自然と触れ合う事だ』
・『私の心の居場所は自宅のベッドの上だと友人に話たら笑われてしまった』

まとめ

人は誰でもストレスを少なからず感じながら生きています。

その上でストレスを軽減できる「心の居場所」を見つける事ができるかどうかが重要であると言えます。

「心の居場所」を見つける事によって、心を落ち着かせたり、リラックスしたりする事ストレスのバランスを上手に取っているのです。

人生を豊かにするためにも「心の居場所」を探し、見つける事が幸せな生活を送るカギになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典