スポンサーリンク

「心根」と「性根」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「心根」と「性根」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「心根」「性根」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「心根」とは?

「心根(こころね)」とは、「その人の心の奥底・奥深い部分」「その人が持っている本来の気質・性質・性格」を意味している言葉です。

「心根」という表現は、「こころの根っこになっている部分」という意味からの類推で、「その人の根本的なこころ・気質・性格」を意味しているのです。

例えば、「彼は粗暴に見えますが心根は優しい人なのです」「心根が良い人だと話していて分かりました」などの例文で使えます。

また「心根」には、「能楽の舞における心遣い」といった意味も持っています。

「性根」とは?

「性根(しょうね)」とは、「その人の根本的な心構え・こころの持ち方」「根性」を意味している言葉です。

また「性根」には、「確かなこころ・まっとうな意識の状態を保った正気」といった意味合いもあります。

例えば、「あの人は性根が悪い」「性根を据えて取り組みたいと思います」「性根を失わないことが肝腎です」などの文章で使用することができます。

「心根」と「性根」の違い!

「心根」「性根」の違いを、分かりやすく解説します。

「心根」「性根」はどちらも「その人が持っている本当の気質・性格」といった意味合いで共通していますが、「心根」のほうが「性根」よりも「本当のこころ・性格が良いというポジティブなニュアンス」で使われやすい違いがあります。

そのため、「心根が良い」という用例は多いのですが、「性根が良い」という使い方はかなり少ないという違いが認められます。

「性根」のほうは、「心根」とは異なり「性根が良い」よりも「性根が悪い」の用例が多くなっているのです。

また「性根」には「心根」にはない、「正気・根性」「物事の中心になっているところ」などの意味もあります。

まとめ

「心根」「性根」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「心根」とは「本当のこころや性質・心の奥深い部分」「能楽の舞における配慮」を意味していて、「性根」「その人の基本的な心構え・まともな意識を保った正気」「物事の中心部分」を意味している違いがあります。

「心根」「性根」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典