スポンサーリンク

「心許ない」と「心細い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「心許ない」と「心細い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「心許ない」「心細い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「心許ない」とは?

「心許ない」には3つの意味があります。

1つめは、よりどころがなく、心が安定していないさまです。

どうなるか不安だという気持ちを表しています。

たとえば、小さな子どもを家に置いて外出をしたとします。

小さな子どもだけが家に残っていると、事故にあうかもしれないし、知らない人がやってくるかもしれないし、不安なことがいろいろとあります。

親としては、外出中は心が安定しないことでしょう。

この状態が「心許ない」です。

2つめは、待っていてもなかなか来なくて気持ちが高ぶっているさまです。

待ち合わせをしたのに相手がなかなかこないと、「早く来ないかな」「何やってるんだよ」など、イライラすることがあると思います。

思うようにならなくて、心が不安定な状態を意味しています。

3つめは、はっきりしないです。

気持ちが集中していないさまを意味しています。

「心許ない」の使い方

複数の意味がありますが、日常的には1つめの意味で使われることが多いです。

心配したり、頼るものがなかったりして、心が安定しない状態を指して使用します。

「心細い」とは?

「心細い」には2つの意味があります。

一つは、頼るものがなくて心が落ち着かないです。

知らない場所に初めて一人で出かけるとします。

旅行などに慣れている人なら何でもないでしょうが、普段一人で出かけることが少ない人は、頼れるものがない状態で出かけるのは、不安が伴うと思います。

そのときのような気持ちを指しています。

もう一つの意味は、何となく寂しいです。

はっきりとはではないけれど、不安なような感じがすることをいいます。

「心細い」の使い方

頼りになるものがなく、気持ちの面で不安定になっているさまを指して使用します。

一人になったときや、周りに人がいても仲間がいないときなどに、このような状態になることがあります。

そのときの不安定な心の状態を指して使用します。

「心許ない」と「心細い」の違い

どちらも気持ちに関する言葉です。

前者は、頼るものが少なくて不安だという意味や、安定していないという意味があります。

後者は、頼るものが少なくて不安だという意味です。

2つの言葉は、似たような意味を持っています。

「心許ない」の例文

・『このメンバーでは心許ない』

・『経験値が少なく心許ない』

・『全員レベル1のパーティーでは敵と戦うには心許ない』

・『利用者側からみれば心許ないのだろう』

「心細い」の例文

・『一人で留守番をしなければならず心細い』

・『心細いけれど頑張ろう』

・『猫の心細い表情が何ともいえずかわいい』

・『心細い思いをさせてしまったかもしれない』

まとめ

2つの言葉は、似たような意味を持っています。

しかし、「心許ない」は気がかりだという意味もありますが、「心細い」にはこの意味がない点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典