スポンサーリンク

「心象が悪い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「心象が悪い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく見る言葉の中には、詳しい説明が難しいものもあります。

この記事では、「心象が悪い」の意味を分かりやすく説明していきます。

恥をかかないように、正確な知識を身につけていきましょう。

スポンサーリンク

「心象が悪い」とは?意味

心象が悪いとは、ムカムカすること。

ひどく感じが悪くて、気分を損ねてしまうことです。

そうした出来事や、感じの悪い人に対して用いる言葉です。

「悪い」とあるように、良いシーンで使われることは殆どありません。

私たちは身の回りの状況を無意識のうちに「心地いい」「不愉快」かで分けています。

笑顔が多かったり、明るく挨拶できたりする人は「心地いい」

反対にいつもぶっきらぼうだったり、横柄な態度だったりする人は「不愉快」に思えてしまいます。

こうした悪い印象を与える人や物を「心象が悪い(心証が悪い)」といっています。

こちら側の視点から見て、どう映っているかがポイントです。

「心象が悪い」の概要

心象が悪いはSNSなどで、よく目にするフレーズです。

心象は体に触れる感覚を、心の中に再現したもの。

心理学などで用いられる熟語になります。

そのため「心象が悪い」は厳密には誤り。

良くない印象と言いたい場合は「心証が悪い」そして「心証が悪くなる」「心証を害する」などと用います。

心証とは「人に与える影響」のこと。

つまり第一印象のことです。

きちんとしていて礼儀正しい人は「心証がいい」

言葉がきつくて、突っかかってくる人は「心証が悪い」です。

自分の心のフィルターにどう映るかによって、周囲の人や物事に対する見方は大きく変わっていきます。

自分の心に、反映される映像が「心証」です。

「心象が悪い」の言葉の使い方や使われ方

心象が悪いは誤ったフレーズです。

正確には「心証が悪い」となります。

具体的には、こちらのように用いていきます。

・彼の言動があまりに乱暴だったので、心証は悪いものとなった。

・面接時の心証が悪かったので、残念ながら採用は見送られた。

「クライアントの心証をこれ以上悪くしないように、丁寧な謝罪をお願いします」「心証が悪い」「心証を悪くする」は、ネガティブな印象を抱いてしまうことです。

ビジネスの場でも、頻繁に使われる表現になります。

「心象が悪い」の類語や言いかえ

心象が悪い(心証が悪い)の類語には、次のような言葉があります。

・心証を害する
・心証を損ねる
・心証を悪くする
・印象が悪い
・不興を買う

心証は「悪い」のほか「害する」「損ねる」など、否定的な言葉とセットで使っていきます。

ちなみに不興を買う(ふきょうをかう)で、目上の人の機嫌を損ねてしまうことを指しています。

むやみにご機嫌とりをする必要はありませんが、目上の方に対する最低限のマナーは心得ておきたいものです。

まとめ

「心象が悪い」の意味や使い方をお伝えしました。

心象が悪いは誤った表現で、正確には「心証が悪い」が正しい表現となります。

心証が悪いとは、印象が悪いこと。

良くない印象を、相手に持つことです。

正しい教養を身に付けて「いい心証を与えられる人」を目指していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典