「念には念を入れる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「念には念を入れる」について

念には念を入れるうという表現を聞いたことがあるでしょうか。

これは江戸のいろはかるたの1つであり、人に注意を促すための表現でもあります。

「念にも念を入れる」という表現は誤りですので気をつけましょう。

「念には念を入れる」の意味とは

念には念を入れるという表現は、用心をした上でさらに用心しなさいという意味になります。

つまり、注意をした上でさらに注意しなさいという意味であり、手抜かりがないかどうか細心の注意を払わなければいけないという意味になります。

念を入れるという表現は、間違いのないように気を配ることを強めた言い方です。

「念には念を入れる」の言葉の使い方

念には念を入れるうというのは人に注意を流すときに使う表現であり、しっかりと用心しなさいという時に使われる表現です。

これ以外にも念には念を入れよ、念を入れよ、といった表現が使われることもあります。

「念には念を入れる」を使った例文

ここでは念には念を入れるという表現が使われた例文を紹介します。

「念には念を入れる」の例文1

「息子は大学受験をする時、直前まで念には念を入れて勉強していた」

大学受験をするときには、念には念を入れて勉強するという人が多いのではないでしょうか。

1年以上もの間、受験勉強を続け、たとえ受験の前日はリラックスするべきだと言われたとしても直前まで受験勉強をするという人は珍しくないでしょう。

リラックスする暇があるのなら1つでも英単語を覚えたいと思う人もいるかもしれませんね。

「念には念を入れる」の例文2

「娘はリレーの選手に選ばれ、直前まで念には念を入れて一生懸命練習をしていた」

足が速いと、リレーの選手に選ばれるということもあるのではないでしょうか。

その場合は選ばれた選手たちになるわけですから、緊張感を持ってリレーに臨まなければいけないと考える人もいるでしょう。

また、絶対に勝ちたいという思いから、直前まで念には念を入れて練習するという人もいるのではないでしょうか。

もちろん、足が速いからという理由で選ばれているわけですが、リレーは足が速いもの同士が集まった競技になりますから、力が入る人もいるかもしれませんね。

「念には念を入れる」の例文3

「プレゼンの前に、念には念を入れて何度も何度もパワーポイントを確認した」

仕事などでプレゼンをしなければいけない場合、特に取引先を説得しなければいけない時などは緊張しますよね。

そんな時にプレゼンをするとなれば、何度も何度もパワーポイントをチェックするという人も多いのではないでしょうか。

少しでもわかりやすく工夫をしてみたり、表現を変えてみたり、という人もいるかもしれませんね。

「念には念を入れる」の英語と解釈

念には念を入れるという表現を英語にするならば、“Look before you leap”、あるいは“Second thoughts are best”という表現が適切でしょう。

最初のものは「飛ぶ前にしっかりと見なさい」という意味であり、2つ目のものは「2番目の考え方が最も良い」という意味になります。

「念には念を入れる」の類語や類義表現

ここでは念には念を入れるという表現の類義語をいくつか紹介します。

「石橋を叩いて渡る」

石橋を叩いて渡るというのは用心の上にさらに用心を重ねて物事をすることという意味を指しています。

壊れるはずがないと思われる強い石の橋を念のために叩いて安全性を確かめた上で済という意味から、用心しすぎるほど用心深いということを指しています。

ただし、慎重すぎる人などに対して皮肉を込めて使われる場合もあります。

「転ばの先の杖」

転ばの先の杖というのは失敗しないように漫画一に備えてあらかじめ十分な準備をしておくこと、という意味を持ちます。

転んでから杖を用意しても何の意味もありませんよね。

しかし転ぶ前に用心して声を持っておけば安心です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典