「思い直す」と「思い返す」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「思い直す」と「思い返す」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「思い直す」「思い返す」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「思い直す」とは?

「思い直す」の意味と使い方について紹介します。

「思い直す」の意味

「思い直す」「おもいなおす」と読みます。

意味は「心に決めていたことや考えを改める」「考え直す」になります。

「思い直す」の使い方

「思い直す」は、すでに心に決めていたことや、考えていたことを改めることを言います。

一度決断したり、自然にその流れで進んでいたことを、もう一度考えて改める時の表現です。

また、既に決まっていることに対して再度考えてみて決断を変えることも表します。

基本的に、まだ行動に起こしていない段階で、改めてよく考えてみて内容を変えたり、中止する時の表現です。

「思い返す」とは?

「思い返す」の意味と使い方について紹介します。

「思い返す」の意味

「思い返す」「おもいかえす」と読みます。

意味は「過去のことを思い出したり、改めて考えること」「考えを改めること」です。

「思い返す」の使い方

「思い返す」には、以下の2つの意味があります。

1つ目は、「過去のことを思い出したり、改めて考えること」という意味で、昔の思い出を振り返ったり、ふとしたことで忘れていた思い出がよみがえることを言います。

「思い返してみれば、あっという間の10年だった」などと使います。

2つ目は、「考えを改めること」という意味で、自分の考えや決断を変えることを言い、「思い直す」と同じ意味です。

「契約内容に納得できずに、思い返して解除して貰った」などと使います。

こちらは基本的に、自分の決断について反省して改めることというニュアンスで使います。

「思い直す」と「思い返す」の違い!

「思い直す」「心に決めていたことや考えを改めること」です。

「思い返す」「過去のことを思い出すこと」「考えを改めること」です。

まとめ

今回は「思い直す」「思い返す」の違いをお伝えしました。

「思い直すは考えを改める」「思い返すは思い出す、考えを改める」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典