スポンサーリンク

「思念伝達」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「思念伝達」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「思念伝達」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「思念伝達」の意味

自分の念を相手に伝えること

「思念伝達」の解説

「思念伝達」「しねんでんたつ」と読みます。

意味は「自分の念を相手に伝えること」です。

自分の念を飛ばして、遠方にいる相手に気持ちや強い願望などを伝えることを言います。

スピリチュアルな要素が強いので霊感やテレパシーなど、特別な能力のある人に限られます。

「思念伝達」を受けた相手は、同じ能力を持っていない場合、自分では認識しないうちに相手の念を受け取ります。

潜在意識として念を理解しますが、日常の言動に表れることはありません。

「思念伝達」の使われ方

「思念伝達」は、占い師の占術として使われることが多く、占い師の中でも霊能力の強い人が行います。

依頼者が対象となる相手に対して「言いたいこと」を占い師に伝え、占い師が念を飛ばして対象者に伝えるのです。

占い師は対象者の潜在意識から答えを読み取り、依頼者に伝えることで鑑定を行います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典