「思考停止」の意味とは!類語や言い換え

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「思考停止」とは?

みなさんは「思考停止」という言葉を知っているでしょうか。

「疲れすぎて、思考停止になる」という経験をした人もいるでしょう。

一方で、「思考停止」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「思考停止」という言葉の意味を紹介します。

「思考停止」の読み方

「思考停止」「しこうていし」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「思考停止」「しこうていし」と読みましょう。

「思考停止」の意味

「思考停止」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「思考停止」には、「考えるのをやめること」「判断することを放棄して、すでにある慣習や事例通りに振舞うこと」などの意味があります。

疲れすぎると、考える余裕がなくなるため、「思考停止」になります。

新しい発想を放棄し、これまで通りのやり方で、物事進めてしまうかもしれません。

このように「思考停止」には、「考えるのをやめること」「判断することを放棄し、すでにある慣習や事例通りに振舞うこと」という意味があります。

「思考停止」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「思考停止」の類語や類似表現を紹介します。

「思考停止」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「考えなし」【かんがえなし】

「考えなし」には「意図や思慮が足りない言動」という意味があります。

「考えなしに、動き出す」「考えなしに始める」などという使い方をします。

「惰性」【だせい】

「惰性」には、「今までの習慣や、癖で」という意味があります。

また「だれだらと」「漫然と」という意味もあります。

「惰性で仕事をする」という時は、今までの習慣で、漫然と仕事をするという意味になります。

「思考停止」を使った例文や短文など

次に「思考停止」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「思考停止」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「思考停止」を使った例文1

「『思考停止』になり、権威に盲目的に従う」

この例文のように、考えることを放棄すると、その業界の成功者の意見や、専門家の意見を丸ごと受け入れてしまいます。

このように権威に猛目的に従ってしまえば、何も新しいものを生み出せないでしょう。

「思考停止」を使った例文2

「疲れて『思考停止』なっているため、休憩をはさむ」

この例文のように、疲労がたまると考えることをやめてしがいがちになります。

仕事中に「思考停止」になっていると感じたら、休憩をはさみ、考える力が回復するのを待ちましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典