スポンサーリンク

「性懲りない」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「性懲りない」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小説などでよく見かける「性懲りない」という表現にはどのような意味があるのでしょうか。

今回は、「性懲りない」の意味と類語について解説します。

スポンサーリンク

「性懲りない」とは?意味

「性懲りない」とは、「過去の失敗や過ちから学ばずに一向に改めようとしないこと」という意味の言葉です。

「性懲りない」の概要

普通の人は何かに挑戦して失敗したり過ちを犯してしまったら素直に反省し教訓として活かすものですが、そのように「過去を振り返って活かそうとせず同じことを繰り返す様子」を指して「性懲りない」と表現します。

「性懲りない」「性」とは「性根」「性格」など「人の大元になっている気持ちや考え」を意味します。

「性懲りない」「懲りない」とは「懲りる」の否定形です。

「懲りる」には「失敗によって痛い目を見たことでもうやらないと思う」という意味があります。

ふたつの意味を合わせると「失敗はあったが人としての根底に流れている気持ちにおいて止めようとは考えていない」という意味になり「過去から学ばず改めようとしないこと」を表します。

失敗や過ちを前提にする「再チャレンジ」とは異なり「性懲りない」ではどこが悪かったのか、何が原因だったのかと向き合う作業が行われていません。

失敗を糧に再チャレンジして成功するケースは少なくありませんが、「性懲りない」は失敗を糧にするための大切な過程である「反省」が抜けています。

もう一度挑戦したとしても同じ理由で失敗する可能性が高いことから「性懲りない」「失敗から何も学んでいない愚か者」という意味で使われています。

一般的には「みすみす失敗に向かっている」「うまくいかないのがわかっている」といったような好ましくない挑戦に再び挑む様子を指して用いられる表現です。

学ぼうとしないその姿勢を下に見ているだけでなく「迷惑をかけられてやっかいだ」という手を煩わされることに対する呆れやいらだちといったニュアンスも含まれています。

「性懲りない」の言葉の使い方や使われ方

・『放漫経営で会社を潰したのにそのことに向き合わずもう一度起業するとは性懲りないことだ』
・『釈放されたばかりのテロリストが性懲りなくテロを計画しているらしい』
・『裁判で負けたのに再び誹謗中傷してくるとは、性懲りないにも程がある』
・『何度断られても告白するのをやめないのはガッツがあるのではなく性懲りないだけだ』

「性懲りない」の類語や言いかえ

・反省の色がない
「失敗や過ちに対して反省している様子が見られない」という意味の言葉です。

一向に反省している様子のないところは「性懲りない」とよく似ています。

「性懲りない」が失敗や過ちの原因となったことを再びやろうとしている様子を指すのに対し、こちらは失敗や過ちに対する反省そのものを指しており再挑戦の要素は含まれていません。

・悪びれない
「悪事に対する自覚を持たず反省するところがない様子」を指す言葉です。

「問題行動であることは自覚しているのに悪いと思っていない」というたちの悪さを表す言葉で、失敗や過ちに対する無自覚さが「性懲りない」都の類似点です。

まとめ

「性懲りない」という表現は小説やドラマなどでよく使われる表現ですが、日常の言葉としてもごく普通に使われています。

使う機会こそ少ないのですが見聞きする機会は意外と多いので正しい意味を知っておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典