「恋仲」と「恋人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恋仲」と「恋人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「恋仲」「恋人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「恋仲」とは?

「恋仲」とは、お互いに「恋」をし合っている間柄という意味になります。

つまり「両想い」といった状態ですが、必ずしも「恋人」として認知されているとは限りません。

例えば不倫関係のような、公にできない間柄であれば「恋人」とは表現しにくいのですが「恋仲」とは言います。

「あの二人、恋仲かもしれない」「すでに、恋仲となっているようだ」「妻と別居し、恋仲の女性と暮らしている」などと使います。

「恋人」とは?

「恋人」とは恋しく思う人という意味ですが、一般的にはお互いに恋し合っている者同士で、相手のことを指して言う言葉です。

「恋人がいる」「彼女は僕の恋人です」「恋人なんかじゃない、ただの友人だ」などと使います。

特定の相手のことを言う言葉ですが、浮気性の人などは「恋人」が複数いるといったこともありえます。

「恋」という言葉の意味は「特定の異性に強く惹かれ、会いたい、独り占めにしたい、一緒になりたい」という気持ちのことですから、そのような相手が複数いて一人に絞り切れないといったケースもあるでしょう。

「恋仲」と「恋人」の違い!

「恋仲」「恋人」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも特定の異性(人によっては同性の場合もあります)と「恋」をし合っているという意味合いでは同じです。

「恋仲」とはお互いに恋をし合っている間柄、いわゆる「恋愛関係」にあるという意味になります。

一方の「恋人」とは恋をし合っている間柄で、その相手を意味する言葉となります。

人に紹介する時は「私の恋人です」といった言い方をします。

「私の恋仲です」とは言いませんので気をつけてください。

まとめますと「恋仲とは恋愛関係の間柄」「恋人とは恋しく思う人、相思の間柄にある相手のこと」という意味になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「恋仲」「恋人」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの意味を理解して、使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典