スポンサーリンク

「恋愛と結婚は別」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恋愛と結婚は別」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「恋愛と結婚は別」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「恋愛と結婚は別」とは?意味

「恋愛と結婚は別」という俗語(スラング)は、「恋愛と結婚が根本的に異なるものであること」を意味しています。

「恋愛と結婚は別」というのは、「恋愛は相手を異性として好きという気持ちだけでできるが、結婚は現実的・経済的な生活が成り立つ仕事や貯金などの前提が必要になること」を意味している言い回しなのです。

また「恋愛と結婚は別」には、「恋愛をしたい相手と結婚したい相手は別であるという人の考え方」「恋愛相手に求める条件と結婚相手に求める条件が異なること」といった意味合いもあります。

「恋愛と結婚は別」の概要

「恋愛と結婚は別」という俗語の言い回しは、「恋愛の相手(恋人)として大好きな相手と結婚したが、結婚相手としてはふさわしくないと後悔した既婚者たちの意見」から生まれたとされています。

さらに「恋愛と結婚は別」という表現は、「恋愛の相手には容姿・趣味の一致・楽しい会話などを求めがちであるが、結婚の相手には仕事と収入(あるいは資産)・責任感・家庭的な性格・TPOに即した礼儀正しさなどを求めがちであるという違い」を示唆しています。

「恋愛と結婚は別」の俗語は、「既婚者が結婚生活を送ってみて感じた実感」あるいは「周囲の既婚者が上手くいっているかどうかを観察してみた結果」を元にして言われるようになったものなのです。

「恋愛と結婚は別」の言葉の使い方や使われ方

「恋愛と結婚は別」の言葉の使い方は、「恋愛と結婚は根本的に違っていて、恋愛は好きという気持ちだけで続くが、結婚は家計・育児を成り立たせる経済基盤や責任感が必要である」といった意味合いで使うというものです。

また「恋愛と結婚は別」という俗語は、「恋愛したい相手と結婚したい相手に求めたいものが異なっている・恋人と配偶者に必要になる基本的な条件が違っていること」を意味して使われることもあります。

例えば、「胸が痛くなるほど好きだった恋人との結婚生活に失敗した経験から、恋愛と結婚は別という価値観を持つようになりました」というような例文で使用することができます。

「恋愛と結婚は別」を使った例文(使用例)

・『学生時代にはいくら大人の人たちから恋愛と結婚は別だと説得されても、その意味が具体的には分からなかったのです。』

・『彼氏がまともに働いてくれない現実を前にして、恋愛と結婚は別であることを改めて実感させられました。』

・『付き合っている二人がお互いに働き者で相手のための苦労を惜しまないのであれば、恋愛と結婚は別という言い回しが当てはまらないこともあります。』

まとめ

この記事では、「恋愛と結婚は別」という俗語の意味・概要を説明して、使い方・例文を紹介しました。

「恋愛と結婚は別」というのは、「恋愛は気持ちだけでもできるが、結婚は生活基盤が成り立たないと継続できないこと」「恋愛と結婚を分けて考える人の考え方」を示している言葉です。

「恋愛と結婚は別」の俗語について調べたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典