スポンサーリンク

「恋愛成就」と「縁結び」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恋愛成就」と「縁結び」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「恋愛成就」「縁結び」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「恋愛成就」とは?

「恋愛成就」「れんあいじょうじゅ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「片思いの相手と両想いになりたいという願いが叶うこと」という意味で、意中の相手との恋が実って恋人同士になれることを言います。

2つ目は「恋愛に関するあらゆる願い事が叶うこと」という意味で、復縁や略奪愛など様々な恋愛の悩みが解決されることを言います。

上記に共通するのは「恋愛がうまくいく」という意味です。

「恋愛成就」の使い方

「恋愛成就」「片思いの相手と両想いになりたいという願いが叶うこと」「恋愛に関するあらゆる願い事が叶うこと」という意味で使われます。

名詞として「恋愛成就を願う・願った」「恋愛成就のお守り」などと使われます。

基本的に、恋愛に関するあらゆる願い事が叶うことで、特に片思いの相手と両想いになりたいという願いごとに使われることの多い言葉です。

「縁結び」とは?

「縁結び」「えんむすび」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「特定の相手と両想いになれる効果」という意味で、自分が気になる相手と気持ちが通じて両想いになれることを言います。

2つ目は「特定の相手との絆が強くなり、結婚できる効果」という意味で、今の恋人と更に親密になり結婚出来る様になることを言います。

3つ目は「特定の相手と仕事や金銭関係で良い関係になれる効果」という意味で、恋愛に限らず、あらゆる人間関係で良いつながりができることを言います。

上記に共通するのは「特定の相手とつながる」という意味です。

「縁結び」の使い方

「縁結び」「特定の相手と両想いになれる効果」「特定の相手との絆が強くなり、結婚できる効果」「特定の相手と仕事や金銭関係で良い関係になれる効果」という意味で使われます。

名詞として「縁結びを願う・願った」「縁結びのおまじない」などと使われます。

基本的に、特定の相手と良い関係になれる効果のことで、恋愛や結婚の相手を表すこともあれば、仕事や趣味などあらゆる人間関係に対して使われる言葉です。

「恋愛成就」と「縁結び」の違い

「恋愛成就」「恋愛に関するあらゆる願い事が叶うことで、特におおくにぬしのおおかみたいという願いごとに使われる」という意味です。

「縁結び」「特定の相手と良い関係になれる効果のことで、恋愛や結婚の相手を表すこともあれば、仕事や趣味などあらゆる人間関係に対して使われる」という意味です。

「恋愛成就」の例文

・『神社で恋愛成就のお守りを買った』

・『恋愛成就の為なら何でもしたい』

・『恋愛成就のパワースポットに行った』

・『今年こそ憧れの彼と恋愛成就します様に』

「縁結び」の例文

・『縁結びを願って神社をお参りした』

・『祖母から縁結びのおまじないを教わった』

・『大黒様は縁結びの神様だ』

・『縁結びのお守りの効果があり、資金繰りが上手くいった』

まとめ

今回は「恋愛成就」「縁結び」について紹介しました。

「恋愛成就」「恋愛に関する願いごと」「縁結び」「恋愛・人間関係に関する願いごと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典