スポンサーリンク

「恩恵を受ける」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恩恵を受ける」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「恩恵を受ける」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「恩恵を受ける」とは?意味

「恩恵を受ける」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「恩恵」「おんけい」と読みます。

「恩恵」「恵みや情け」という意味があります。

このことから「恩恵を受ける」には、「恵みをいただく」「施しを受ける」などという意味があります。

自分の力ではどうにもできないような恵みを自然から分けてもらったと感じるようなとき、また、自分の力以外の大きな力が働いて、恵みや情けをもらえたと感じたときなどに、「恩恵を受ける」という言葉を使います。

「恩恵を受ける」の概要

「恩恵を受ける」という言葉は、「ありがたい施し、恵みをもらう」という意味があります。

さらに「自然」とか「大きな力」「運勢」のような、漠然とした何かによって、施しや恵みを受けたときに使うような言葉になります。

例えば、父親に、お小遣いをもらったときには、「父親の恩恵を受ける」などとは言いません。

もっと偉大な力、目に見えないような何かに、幸運を与えられたような場合に使う言葉になります。

例えば、農作業は、自然の力なしではどうすることもできません。

農作物に必要な「光」「水」は、天からもたらされるものだからです。

そのため、農業のジャンルでは、「自然の恩恵を受けて、稲穂がたわわに実った」などと「恩恵を受ける」という言葉が使いやすくなります。

「恩恵を受ける」の言葉の使い方や使われ方

「恩恵を受ける」という言葉は、見えない大きな力のようなもののバックアップを受けるときに使います。

例えば仕事が成功したときに、自分の力だけでなく、自分を生かしてくれているすべての物事に感謝するかもしれません。

このような時、「特別な恩恵を受けて、仕事を無事に成功させることができました」などと言います。

また土地の魅力も、人為的に操作しにくいものです。

そのため観光業で栄えている観光地などは、「土地の神様の恩恵を受けて、たくさんの観光客のみなさんが、集まってくださいます」などと、大いなる力に感謝をささげることがあります。

「恩恵を受ける」の類語や言いかえ

「恩恵を受ける」の類語として、「利益を得る」という言葉があります。

「りえきをえる」と読みます。

「利益を得る」には、「何かしらの恩恵を受ける」「ためになるものを得る」という意味があります。

この言葉は、金銭的な面、社会的地位などにとって、役立つものを得たときなどに使います。

「仕事を通じて、たくさんの利益を得た」とか、「つらい経験から、将来につながるような利益を得られる」などと言う使い方をすることができます。

まとめ

「恩恵を受ける」という言葉についてみてきました。

大いなる力や、目に見えない何かの作用などによって、幸せを手にする人がいるのではないでしょうか。

そのようなときに、「恩恵を受ける」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典