「息が詰まる思い」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「息が詰まる思い」とは?

「息が詰まる思い」という言葉があります。

「息が詰まる」は、「いきがつまる」と読み、「思い」「おもい」と読みます。

みなさんは、「息が詰まる思い」をした経験があるでしょうか。

例えば緊張する場面に遭遇すると、「息が詰まる思い」を口にする人がいます。

また、逆に好きな人の前に立った時に、「息が詰まる思い」をする人もいるかもしれません。

そこで、「息が詰まる思い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

自分がなぜ、時々「息が詰まる」のか、その理由が見えてくるかもしれません。

「息が詰まる思い」の意味

「息が詰まる思い」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「息が詰まる」とは、「呼吸が十分にできなくなる」という意味があります。

実際に、何だか理由がわからないけれど、呼吸がしにくくなった経験があるかもしれません。

また「緊張しすぎて、息苦しくなる」という意味もあります。

人が息苦しくなる理由のひとつに、緊張しすぎるという理由があるからです。

理由がわからずに、呼吸しにくくなっていた人は、思い返してみると、緊張する場面に立っていたのかもしれません。

このように「息が詰まる思い」には、「緊張しすぎて、息苦しくなると感じる」という意味があります。

「息が詰まる思い」の言葉の使い方

「息が詰まる思い」という言葉を、どのような場面でどのように使えばいいでしょうか。

「息が詰まる思い」を感じるのは、「緊張しすぎる」場面です。

そこで、そのような場面を思い返して、実際に呼吸が十分に出来なくなった時を振り返り、「息が詰まる思い」という言葉を使ってみましょう。

例えば、初めて出社した職場で、誰からも声を掛けられずに過ごす時間は、かなりの緊張感だと思います。

十分に呼吸ができない「息が詰まる思い」をするのは、このような場面だと思います。

受験シーズンには、試験会場で「息が詰まる思い」をする人もいるでしょう。

このように、緊張する場面で、呼吸が十分にできないと感じた時に、「息が詰まる思い」という言葉を使ってみましょう。

「息が詰まる思い」を使った例文

「息が詰まる思い」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「息が詰まる思い」を使った文章を見て、この言葉の使い方を覚えて行きましょう。

「息が詰まる思い」の例文1

ビジネスシーンにおける、「息が詰まる思い」

を使った例文を紹介します。

「初めて取引先の受付に行くと、『息が詰まる思い』がした。

これから自分の仕事ぶりが試されるのだと感じた」
この例文のように取引先など、仕事で初めての場所に訪れる時は、緊張から「息が詰まる思い」がするものです。

経験を積んで慣れるしかないのかもしれません。

「息が詰まる思い」の例文2

恋愛の場面における、「息が詰まる思い」

を使った例文を紹介します。

「告白のために、Aさんを屋上に呼び出した。

Aさんの足音が聞こえてくると、『息が詰まる思い』がした」
この例文のように、告白の場面は極度に緊張します。

「息が詰まる思い」がするのも当然で、きっと後に振りかえれば、良い思い出になっているでしょう。

「息が詰まる思い」から抜け出すために

最後に「息が詰まる思い」に苦しんでいる人に、そのような思いから抜け出すためのヒントを紹介します。

「事前に準備をする」

「息が詰まる思い」は、極度の緊張が引き起こす感情です。

緊張をしないためには、事前にしっかりと準備をしておく事が大切です。

例えば翌日にプレゼンがある時、「嫌だな」と思って何もしないと、緊張感が増えて行くだけです。

事前にプレゼンの準備をして、プレゼンに対して自信がつくと、緊張感が減るでしょう。

「ストレスを逃す方法を知る」

「息が詰まる思い」が癖になっている人がいます。

そのまま放置しておくと、心身に悪影響が出るかもしれません。

そこで、ストレスが溜まった時の対処法を知っておきましょう。

ゆっくりお風呂に入る、深呼吸をするなど、いくつかのストレス対処方法を知っておくと安心です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典