スポンサーリンク

「悟りを開く」と「解脱」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「悟りを開く」と「解脱」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「悟りを開く」「解脱」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「悟りを開く」とは?

「悟りを開く」には、心の迷いが晴れて、真理を会得することという意味があります。

仏教でいう「迷い」とは、心が煩悩に見出されている状態のことです。

人間には、根源的な煩悩として貪・瞋・痴があるとされています。

貪はむさぼり求める心、瞋は怒り恨むこと、痴は真理を悟ることができない無知のことを意味します。

真理とは、真実で永遠不変の法則のことです。

「解脱」とは?

「解脱」には、悩みや迷いなどの煩悩による縛りから自由になること、自由の境地に達することという意味があります。

また、悟ることを意味しています。

悟るとは、物事を明らかにして自分のものにすることです。

隠れているものを察知して、つかみ取ることを意味しますが、特に仏教では迷いを取り払って真理を得ることをいいます。

「悟りを開く」と「解脱」の違い

「悟りを開く」は、真理を十分理解して自分のものにすることを意味します。

「解脱」とは、悟ることです。

悟るは心の迷いを去って真理を得ることを意味するので、「悟りを開く」と同じような意味になります。

しかし、「解脱」には自由の境地という意味が含まれていて、この点がやや「悟りを開く」と異なります。

まとめ

「悟りを開く」「解脱」も主に仏教で使用される言葉で、難しく感じるかもしれませんが、この2つの言葉はほぼ同じ意味を持っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典