「悪影響を及ぼす」とは?意味や言い換え!例文と解釈

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「悪影響を及ぼす」とは?

「悪影響を及ぼす」とは、「悪い影響がもたらされること」「面倒を掛けること」「損害を負わせる、与える」といったような意味を持つ言葉です。

「悪影響を及ぼす」の読み方

「悪影響を及ぼす」「あくえいきょうをおよぼす」と読みますが、普段からよく聞くことがある言葉なので、特別に難しく受け止める必要はありません。

「悪影響を及ぼす」の英語と解釈

「悪影響を及ぼす」を英語で表現するなら、“adversely affect”“have a bad influence on”などの言葉で訳すことができます。

「悪影響を及ぼす」の表現の使い方

「悪影響を及ぼす」とは、「相手や周りに良くない影響を与える」ということになるので、自分の間違った行動で迷惑を掛けたり、大きな問題を引き起こして、自分のみならず、周りにもその損害が伝わる場合などで使われることになります。

「悪影響を及ぼす」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「悪影響を及ぼす」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

「悪影響を及ぼす」を使った例文1

「私の軽はずみな行動のために、周りに悪影響を及ぼしてしまうことになった」

人は誰でも過ちを犯してしまうものです。

しかし、そのために関係者に多大な損害を与えてしまうこともあります。

そのような場合には、まず自分のミスをすぐに関係者に伝えて、お詫びすることと同時に被害の拡大を最小限に止めることが最優先でやるべきことです。

「悪影響を及ぼす」を使った例文2

「今回のミスで悪影響を及ぼす結果になってしまい、大変申し訳ありませんでした。今後は重々注意致します」

この例文はビジネスシーンにおいて、自分のミスで迷惑をかけたことを関係者や取引先にお詫びしている場面でしょう。

お詫びすることはとても大切なことですが、前項でもあったように被害を最小限にすることと、再発防止策を講じることも必要です。

特に問題が起きた原因を明確にすることが大切です。

それができないと防止策も打つことができません。

「悪影響を及ぼす」の類語や類義語・言い換え

「悪影響を及ぼす」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

「悪く作用する」【わるくさようする】

「悪く作用する」「悪影響を及ぼす」の類義語として挙げることができます。

「良くないことになっていく」「悪い結果に物事が進んでいく」という意味があり、仕事の場合でも、ある計画が予想していたことに反して悪い方向に向かっていく時に使われます。

「ネガティブな結果をもたらす」【ねがてぃぶなけっかをもたらす】

「ネガティブな結果をもたらす」「悪影響を及ぼす」の類義語として使うことができる表現です。

「否定的な結果になってしまう」という意味になりますが、できればこのような事態は避けたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典