スポンサーリンク

「悲しい」と「寂しい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「悲しい」と「寂しい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「悲しい」「寂しい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「悲しい」とは?

「悲しい」「かなしい」と読みます。

意味は「心が痛んで泣けてくるような気持ちのこと」です。

人やペットの命が失われたり、辛い思いをして、心が痛んでいる様子に重点を置いた言葉です。

人は「悲しい」と泣きたくなったり、落ち込んだりしますが、その様な心の動きの様子に使われます。

「悲」という漢字は、上が「左右に別れる」、下は「心臓」を表し、「心が引きちぎられる」という意味の象形文字です。

「寂しい」とは?

「寂しい」「さびしい」または「さみしい」と読み、意味は以下の3つです。

1つ目は「心が満たされず物足りない気持ちのこと」という意味で、「口が寂しくてつい食べてしまう」などと言います。

2つ目は「側に誰もいなくて心細い」という意味で「一人寂しく帰る」などと言います。

3つ目は「人の気配がなくてひっそりしている」という意味で「寂しい場所」などと言います。

上記に共通するのは、「孤独で心細く感じる」という意味です。

「悲しい」と「寂しい」の違い!

「悲しい」「心が痛んで泣けてくるような気持ちのこと」です。

「寂しい」「孤独や物足りなさで心細い気持ちのこと」です。

まとめ

今回は「悲しい」「寂しい」の違いをお伝えしました。

「悲しいは心が痛い」「寂しいは心細い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典