「悲しみ」と「怒り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「悲しみ」と「怒り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「悲しみ」「怒り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「悲しみ」とは?

「悲しみ」の意味と使い方について紹介します。

「悲しみ」の意味

「悲しみ」「かなしみ」と読みます。

意味は、「心が締め付けられて泣きたくなったり嘆きたくなる感情のこと」です。

「悲しみ」の使い方

「悲しみ」は、失望した時、挫折した時、人から傷つけられた時、大切な人や物を失った時など、自分にネガティブなことが起きた時に、胸が締め付けられる様に感じたり、涙が出る、気力が低下するなどの症状が現れることを言います。

「深い・浅い」で表現され、「深い悲しみ」程精神的に影響を受けます。

「悲しみ」は基本的に自分の内面で生じる感情であり、人から見て分ることもあれば、感情を隠して何事も無かったかの様にふるまうこともあります。

「悲」という漢字は「非+心」で成り立っていて、「非」は人が背中合わせに反対方向を向いている形から「心がはなればなれになりつらいこと」を表しています。

「怒り」とは?

「怒り」の意味と使い方について紹介します。

「怒り」の意味

「怒り」「いかり」と読みます。

意味は「おこること、腹を立てること」です。

「怒り」の使い方

「怒り」は、自分や自分が大切にしている人や物が、「危険にさらされている時」に生じる感情のことを言います。

事故や災害など直接的なものの他に、プライドや名誉を傷つけられたり、差別されたりなど、人格を否定される様なことも含むのです。

相手に対して「悔しい」「憎い」と思うだけではなく、「仕返しをしてやりたい」など攻撃的な感情を持ちます。

内面で生じる感情ですが、相手や対象物に対して直接的に言葉や態度で示すこともあるのです。

「悲しみ」と「怒り」の違い!

「悲しみ」「心が締め付けられて泣きたくなったり嘆きたくなる感情のこと」です。

「怒り」「おこること、腹を立てること」です。

まとめ

今回は「悲しみ」「怒り」の違いをお伝えしました。

「悲しみは内面的な感情」「怒りは外部に対する感情」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典