スポンサーリンク

「悲観的」と「否定的」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「悲観的」と「否定的」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では「悲観的」「否定的」の違いをわかりやすく解釈します。

スポンサーリンク

「悲観的」とは?

悲観的とは、ひかんてきという読み方をする言葉です。

悲という漢字が使用されている事でも分かる様に、先行きに望みがないといった悲しい考え方をする様を表す言葉となっています。

或いは望みの持てない様子を表す際にも、この言葉を用いる事が可能です。

基本的に悪い結果を予測して気持ちが沈んだり、絶望的な状況だと認識して悲しんでいるといったネガティブな意味合いの強い言葉となっています。

ですが、最悪な状況を想定する事でそれに備えたり、慎重に物事を運ぶ様になったりと、ややポジティブな意味合いでも使用する事が可能です。

具体的には、陽気だった彼も病気のせいで悲観的な性格になってしまった、とか、将来について悲観的になり過ぎるのは良くない、といった使い方が出来ます。

「否定的」とは?

否定的とは、ひていてきという読み方をする言葉です。

漢字が示している様に、否定する様子を表す際に用いられ、基本的にはネガティブな意味合いを持つ言葉となっています。

或いは消極的な意味合いを表す際にも、この否定的という言葉が用いられる事があるのです。

例えば誰かが出した意見や提案に対し、賛同しないという意思表示を行う際にこの言葉を使用する事が多くなっています。

具体的には、彼の出した提案には大半の人が否定的だ、とか、その事に対し私の意見は否定的です、といった使い方が可能です。

「悲観的」と「否定的」の違い

悲観的も否定的も、どちらもネガティブな意味合いを持つ言葉となっています。

ですが2つの言葉は共に、性格という言葉を付けて考えると違いが分かり易いです。

悲観的な性格の方は、悪い様に予想して落ち込む事が多かったり、物事を悪く考える傾向が強い気質を表しています。

否定的な性格は、他人の提案や意見に対し賛同出来ない事が多かったり、消極的な気質を表しているのです。

しかも悲観的な方は考え過ぎる傾向が強いのに対し、否定的は深く考え過ぎるといった意味合いは込められていません。

まとめ

悲観的も否定的も、基本的にネガティブな印象を受ける言葉です。

ですが悲観的は考え過ぎた挙げ句に、悪い方向に考えてしまう様を言い表す事が多かったりします。

一方の否定的は賛同しなかったり消極的な様を表す言葉で、考え過ぎるといった意味合いの傾向は、含まれずに使われているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典