スポンサーリンク

「想定」と「予定」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「想定」と「予定」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「想定」「予定」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「想定」の意味から取り上げてみましょう。

スポンサーリンク

「想定」とは?

最初に「想定」の意味をご説明致します。

「想定」(そうてい)とは、対象とされる状態や条件などを仮として、設定してみることを指しております。

我々の身近なところでは、避難訓練などを想像すると分かりやすいでしょう。

あれは地震や火災などを、想定して行っている訓練になります。

「予定」とは?

次に「予定」の意味を解説していきます。

「予定」(よてい)の場合は、自分が行う行動やイベントなどを事前に、決めておくことを表しております。

簡単に書きますと、スケジュールを想像することで、しっくりくるはずです。

「想定」と「予定」の違いとは?

ここでは「想定」「予定」の違いを取り上げてみましょう。

「想定」の場合は、最悪な状態や状況などを、想像することです。

または設定することを指しております。

「予定」の方は、事前に自分が行う動きやイベントを、決めておくことです。

前者の場合は、避難訓練や不審者対策訓練、後者の方は、仕事におけるスケジュールなどに対して、使われる言葉になります。

「想定」と「予定」の使い方の違い

この項目においては、「想定」「予定」の使い方の違いを説明します。

「想定」を使うときは、起こり得る状況や状態を仮に設定し、どのように対応すべきか考えるときや、行動するときに使います。

基本的に良い意味、「想定」という言葉は使うことは少ないようです。

「予定」を使う場合は、事前に自分が取る行動や、行事などの事柄を決めておくときなどに使います。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方
「大地震を想定し非常食などを揃えている」
「敵が出てくることを想定しておくべきだ」
後者の使い方
「予定が合わない場合は、LINEなどで連絡を取り合って、予定の調整しよう」
「予定が決まりましたので、連絡しておきます」

「想定」を使った例文

ここでは「想定」を使った例文を書いていきます。

・『敵の頑強な抵抗が想定されますので、こちらも敵の迎撃に耐えうる装備しておくべきです』
・『何事も想定しておくと、混乱は招かないのだ』
・『想定できることと、できないことがあるのも事実なのです』
・『津波を想定した避難訓練では、高台に逃げることを学びました』
・『敵機動部隊がいると想定すると、こちらの参加空母は6隻に増やすべきです』

「予定」を使った例文

最後の項目においては、「予定」を使った例文を書きます。

・『仕事の予定が狂ってしまうので、無理はしたくない』
・『予定されていたライブが、コロナでなくなってしまいました』
・『貯金する予定が、予想外の出費がありましたので、今月はできませんでした』
・『予定表をワードで作っています』
・『予定変更がありましたら、連絡いたします』

まとめ

まとめとして「想定」とは、基本的に最悪な状況などを仮に設定することです。

その設定の上で、自分などが取るべき行動などについて実際に動いたり、考えることになります。

「予定」の方は、事前に行動・スケジュールなどを決めておくことを指しているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典