「愉楽」と「快楽」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「愉楽」と「快楽」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「愉楽」「快楽」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「愉楽」とは?

「愉楽(ゆらく)」とは、「ある物事・人間関係(やり取り)を、心から本気で楽しむこと」を意味している言葉です。

「愉楽」という表現は、「ある物事・人との関わりから深い喜び(本当の楽しみ)を得ること」「深い喜びを得られる体験を満喫するさま」を意味しているのです。

例えば、「温泉に浸かってのんびりする時間こそ人生の愉楽というべきだろう」「愉楽の関係ばかりにのめり込んでいては成長はありません」といった例文で使用することができます。

「快楽」とは?

「快楽(かいらく)」とは、「感覚的あるいは心理的に気持ち良くて楽しいこと」を意味している言葉です。

「快楽」の表現には特に、「性的・官能的な欲望の満足によって得られる心地よい感覚・感情」といった意味合いもあります。

また「快楽」には、「煩悩(執着)から解放されて得ることができる心の安寧・安楽」という仏教用語としての意味も備わっています。

「愉楽」と「快楽」の違い!

「愉楽」「快楽」の違いを、分かりやすく解説します。

「愉楽」「快楽」はどちらも「気持ち良くて楽しい・心地よく楽しむ」といった意味合いを持っている言葉ですが、「愉楽」のほうが「心理的に深い喜びを得ながら心から楽しむ」といった意味のニュアンスが強くなっています。

「愉楽」に対して「快楽」のほうは「心理的な喜び・楽しみ」の意味もありますが、それと合わせて「官能的・性的な欲求を満たして快感(快の感情)を得る」というニュアンスが強くなっているという違いがあるのです。

また「快楽」には「愉楽」にない、「煩悩を消尽して得られる精神的な安楽・浄土(彼岸)の安楽」という仏教用語としての意味合いもあります。

まとめ

「愉楽」「快楽」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「愉楽」とは「その物事・やり取りを心から本気で楽しむこと」「ある出来事・関わりから深い喜び・楽しみを得ること」を意味していて、「快楽」とは「気持ち良くて楽しいこと」「性的・官能的な欲望の満足によって生じる心地よい感覚」などを意味している違いがあります。

「愉楽」「快楽」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典