スポンサーリンク

「意志のある所には道がある」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「意志のある所には道がある」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「意志のある所には道がある」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「意志のある所には道がある」とは?意味

「意志のある所には道がある」は、やり遂げようという意思さえあれば、困難が立ちふさがってもそれを乗り越えるだけの道があるという例です。

この言葉は、信念を強く持った人物だったリンカーンが述べた言葉で、事実彼は、元々は大統領ではなく新聞を読むことができただけのワインを運ぶだけの丁稚奉公をしていた人物で、社会制度を変革させるために奔走した人物に当たります。

「意志のある所には道がある」の概要

「意志のある所には道がある」というのは、実のところを言うと成功者であるが故、言い切れる言葉で、人生に成功した成功者であるからここまで強く言い切れるのです。

逆に人生に失敗した人物は、巻き返しを図ろうという意思を持っていても巻き返せないのは、困難の方が大きく立て直しができないが故、「意志のある所には道があるが道を歩けるかどうかは別」というのが現代の考え方になります。

「意志のある所には道がある」の言葉の使い方や使われ方

「意志のある所には道がある」は、新人研修などであきらめずに頑張れば道が開けるという場合に使用します。

「意志のある所には道がある」を使った例文

・『意志のある所には道があるというようにできないと嘆くよりやってから後悔したほうが良い』
この例は、現代風の言い回しで、「意志のある所には道がある、」としたうえでやっぱりできませんでした、無理でしたと後悔するよりかはやってみてから後悔したほうがましであると述べています。

これは、「意志のある所には道がある」という部分が諦めなければ道が開けるということを肯定しつつ否定もしており、ダメなときは駄目だがあえて駄目であるというよりかは行動してから無理だと悟る方が良いとしています。

・『意志のある所には道があると言うが現実には今の状態では不可能だ』
この例は、収拾がつかなくなるくらい失敗をしているため、巻き返しができないと悟っている例です。

「意志のある所には道がある」は、困難に直面しても道がありやり遂げようとすれば道は開けることですが、このケースの場合、たとえ道があっても歩くだけの体力がもはやないので立ち往生していることを指します。

まとめ

「意志のある所には道がある」というのは、成功者としてみれば実にその通りで道が開けていてそれを歩くことができたものが成功者ですが、事実としては、歩くだけの体力がもはやない場合、単なる敗者です。

その為、この言葉は現代風に言えば、「意志のある所には道があるが道を歩き切れるかどうかは分からない」というのが現代風で、現代の企業などの考え方もまさにこれに近い考えです。

例えば、失敗することを恐れて行動しないよりも失敗したほうが良いが失敗が続くとどうなるか分からないという具合に企業や個人としては道があっても歩くだけの体力がない場合、それは道がないのと同じであるという考えになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典