スポンサーリンク

「意気込みを見せる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「意気込みを見せる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

色々な場面で耳にすることがある「意気込みを見せる」という言い回し。

この記事では、「意気込みを見せる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「意気込みを見せる」とは?意味

「意気込みを見せる」「物事に対して自分の思いを明確に表明して積極的に取り組もうとする」という意味があります。

「意気込みを見せる」の概要

「意気」には「何かしらのことを積極的成し遂げようとする気持ち」という意味があるのですが、「込み」が加わることで、「頑張ろうとする姿勢」という意味合いになってきます。

また「見せる」「自分の姿を相手にさらす」という解釈がありますが、「意気込みを見せる」という表現では「自分の気持ちを相手に伝える」「意思や思いをオープンにする」という意味を帯びてくることになるのです。

「意気込みを見せる」の言葉の使い方や使われ方

「意気込みを見せる」はどのような場面で使われるでしょうか。

「意気込みを見せる」「自分のやる気を相手にしっかりと伝える」という意味があるので、何か物事に取り組む時に使うことになります。

特に難しい課題にぶつかっていく場合や普通なら自分ではできないようなハードルの高い目標に向かって突き進むような時によく使われることが多いでしょう。

また、この言葉には強い決意が込められているので、並々ならぬ思いや鬼気迫る印象を覚えるのではないでしょうか。

「意気込みを見せる」を使った例文(使用例)

では、ここで実際に「意気込みを見せる」の使い方を例文にしてご紹介していくことにしましょう。

・『彼がこれまでの血のにじむような努力を積み重ねてきた。

そのため並々ならぬ意気込みを見せて頑張ろうと見せている』 この例文からに見ると、日頃からたゆまぬ努力を突き重ねてきたのでしょう。

そのためにこれから非常に難しい課題に対して、その努力の結果を取り組む決意が伝わってきます。

・『君はこれまでの姿勢ではこれ以上雇用し続けることはできない。

クビになりたくないのなら意気込みを見せてみろ!』 かなり厳しい言葉ですが、彼に対して発奮してもらうことが伝わってきます。

今まで全くやる気のなかった本人を叱咤して、頑張られようとしているのではないかと思います。

・『私はクライアントに自分の意気込みを見せて、納得してもらった。

そのおかげで契約を取ることができたのです』 営業担当者が商談の中で熱い思いと決意をお客さんに伝えて、納得してもらったのでしょう。

その熱意が相手に伝わり契約を頂くことができたのです。

まとめ

ここまで「意気ごみを見せる」について説明をしてきました。

この言葉は仕事に携わる人であれば、忘れたくない姿勢たと思います。

皆さんも熱い思いで頑張ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典