「意識低い系」と「高い系」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「意識低い系」と「高い系」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「意識低い系」「意識高い系」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「意識低い系」とは?

「意識低い系」の意味と概要について紹介します。

「意識低い系」の意味

「意識低い系」「いしきひくいけい」と読みます。

意味は、「ものごとに対してやる気が感じられない人のこと」です。

「意識低い系」の概要

「意識低い系」は、普段からものごとに対してやる気が感じられない人のことを言います。

自分を高めようとせずに、その場が無事に終ればいいと思っていたり、自分が人からどの様に見られているか、どれ位評価されているかなどを考えていない人に対して使われます。

「意識低い系」「意識高い系」の対義語として作られたスラングで、ネット上では「全くやる気がなさそうに見えるのに、実は能力やレベルが高い人のこと」という意味で使われることが多くなります。

「意識高い系」とは?

「意識高い系」の意味と概要について紹介します。

「意識高い系」の意味

「意識高い系」「いしきたかいけい」と読みます。

意味は、「自分は一目置かれている存在である、高みを目指しているという雰囲気をアピールしながら、実際には大した能力や人望などがある訳ではない人のこと」です。

「意識高い系」の概要

「意識高い系」は、高い目標を持っている、或いは人から高い評価を受けたいと思い、色々アピールするのですが、実が伴っていない人のことを言います。

元は、大学生が就職活動する時に、自己アピールばかりエラそうで滑稽な学生に対して使われる様になった言葉です。

普段の会話に専門用語を使ったり、実績をアピールしたり、起業家を目指していると言ったりなど、何かと鼻に付く行動します。

本当の意味で自己啓発に励む「意識が高い人」とは全く違った存在です。

「意識低い系」と「意識高い系」の違い!

「意識低い系」「普段からものごとに対してやる気が感じられない人」です。

「意識高い系」「自己アピールばかりすごくて、大したことのない人」です。

まとめ

今回は「意識低い系」「意識高い系」の違いをお伝えしました。

「意識低い系はやる気がない」「意識高い系はやる気をアピールするだけ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典