スポンサーリンク

「愛し愛される」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「愛し愛される」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「愛し愛される」の意味を分かりやすく説明していきます。

最初に「愛し愛される」の意味から解説していきます。

スポンサーリンク

「愛し愛される」とは?意味

最初に「愛し愛される」の意味をご説明致します。

「愛し愛される」とは、文字通り自分が人を愛したときに、相手からも自分を愛してもらえるという言葉になります。

「愛し愛される」の概要

次は「愛し愛される」の概要について解説していきます。

「愛し愛される」の概要としては、上記にもありますように相手を愛したときに、それが伝わり相手も自分を愛してくれるようになるのです。

この「愛」とは「愛情」のことを指しています。

そこには損得勘定などの邪悪な感情は抜きで、心から相手を愛すことによって相思相愛になれることになります。

相手を愛するために、相手を束縛したりして困らせてしまうこともあるかと思います。

しかしながら、それは愛ともいえず愛情とも言えないのです。

強いて表現するならば、「歪んだ愛情」でしょう。

相手にとっては苦痛そのものでしょうし、自分も「こんなに愛しているのに」と腹立たしくなってしまいます。

こうなると、相手も幸せではありませんし、自分も幸せではないのです。

このようなことがないように、相手を心からリスペクトして信頼することで、お互いを尊重できることが「愛し愛される」ということになります。

「愛し愛される」の言葉の使い方や使われ方

この項目においては、「愛し愛される」の言葉の使い方や使われ方を取り上げます。

「愛し愛される」の言葉を使うときは、男女間でも使うこともできますし、恋愛感情なしの場面でも使えます。

それでは使い方・使われ方を例文を用いて説明します。

・『いつか愛し愛される男性に、出会えることを心から祈っているんだ』
・『地域の人々を愛し愛される会社にしたいと思っているので、社員教育も徹底している』
・『愛し愛されたときに、相手を初めて愛おしく思えるものです』
・『愛し愛されるとは、人間にとっては一生の課題なのかもしれない』
・『何があっても愛し愛される関係でいようねと、誓い合った仲です』

「愛し愛される」の類語や言いかえ

最後の項目では、「愛し愛される」類語や言いかえを解説します。

「愛し愛される」の類語や言いかえとしては、「人を愛する」「リスペクトする」「愛おしく思う」「愛している」「全てを受け入れる」となります。

これら類語や言いかえの意味は、相手を尊敬したり信頼することです。

また、心から可愛く思うことや、好きで好きで仕方ない感情を表しております。

相手の良いところや悪い部分なども、受け止め且つ受け入れることを表しております。

まとめ

まとめとしては、「愛し愛される」とは、見返りなどを期待せずに相手を心から想うことです。

その気持ちが相手にも伝わり、縁があれば相手にも、自分を心から愛してもらえることを表現している言葉になります。

男女間やそれ以外にも使える言葉なので、利用できる場面は多いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典