「愛情表現」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「愛情表現」とは?

「愛情表現」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

「愛情表現」「あいじょうひょうげん」と読み、日常的に使われる事が多い言葉です。

「A君は『愛情表現』がヘタだ」などという言い回しをしますので、誰かのこのような発言を聞いた事があるかもしれません。

一方で、今回初めて「愛情表現」という言葉を知った人も少なくないでしょう。

そこで、「愛情表現」の意味や使い方を紹介します。

巷で使われている「愛情表現」とは何か、これを機会に知っておきましょう。

「愛情表現」の意味

「愛情表現」には、どのような意味があるでしょうか。

「愛情表現」には「愛を表現する行為」という意味があります。

誰でも「愛している人」の顔が一人や二人、またはそれ以上たくさんの顔が思い浮かぶはずです。

両親や子供などの家族、恋人や夫や妻の顔が思い浮かんだ人も多いと思います。

このような人に対する、愛情は、様々な形で表現する事ができます。

彼氏に対してはキスやハグ、家族に対しては頭をなでたり笑顔を見せるなど、様々な表現があるでしょう。

このような「愛を表現する行為」全般を「愛情表現」と言います。

「愛情表現」の言葉の使い方

「愛情表現」という言葉は、どのように使えばいいでしょうか。

「愛情表現」には「愛を表現する行為」という意味があります。

そこで誰かに対して愛を表現する時に、「愛情表現」という言葉を使ってみましょう。

例えば彼氏や彼女の手を握る、ボディタッチする事が「愛情表現」という人もいますし、妻の事を人前で「愚妻」などと言う事が、「愛情表現」という少しひねくれた人もいます。

いずれの行為に対しても、愛情を表現するためという目的がある場合は「愛情表現」という言葉を使う事ができます。

また誰かの行為が、愛があるからこその行為だと認識したら「愛情表現」という言葉を使ってみましょう。

「愛情表現」を使った例文

「愛情表現」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「愛情表現」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを身につけましょう。

「愛情表現」の例文1

「A課長が部下を激しく叱るのは『愛情表現』の一種だ」

この例文に登場するA課長のように、部下を激しく叱責するタイプの上司がいます。

このような上司は部下を嫌っているのではなく、実は深い愛があるゆえに叱っているのかもしれません。

強く叱る事で同じようなミスをしなくなれば、部下にとって仕事がしやすくなり、将来的なキャリアアップにつながる可能性もあります。

このように上司がうるさくて面倒だと思った時に、もしかしたら「愛情表現」かもしれないと思うと、イライラが減るかもしれません。

「愛情表現」の例文2

「B君は『愛情表現』がヘタなだけで、Cさんの事をとても大切に思っている」

この例文のB君のように、「愛情表現」がヘタな人がいます。

だからといって、Cさんの事を考えていないわけではなく、実は誰よりも愛している可能性があります。

「愛情表現」の上手さと、愛の深さは比例しないため、「愛情表現」がヘタだからと言って、別れたりしないようにしましょう。

また「愛情表現」という言葉は、「ヘタ」「苦手」とつなげて使う事が多くなっています。

それくらい「愛情表現」が苦手な人が多いという事でしょう。

「愛情表現」の例文3

「『愛情表現』が苦手な女性の方が、安心して付き合える」

この例文のように、「愛情表現」が苦手な女性と付き合うと、他の男性に対しても「愛情表現」をしないと考えられるため、浮気の心配がなくて安心かもしれません。

自分に対して優しい人は、ほとんどの場合、他の異性にも優しいため心配になる気持ちと同じです。

逆に、一発で好きな気持ちを伝えられるよな「愛情表現」上手な女性や男性と付き合うと、浮気の心配が付きまといそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典