「愛想笑い」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「愛想笑い」

愛想笑いというのは「あいそわらい」と読みます。

お世辞の笑い、人の機嫌を取るための話題と言われており、愛想というのはにこやかで人付き合いの良いこと、人に寄せる愛情や行為を指しています。

つまり、人付き合いが良い証明をするため、あるいは人付き合いを悪くしないためにわざと微笑みかけるということであり、本当に笑っているとは限らないのです。

「愛想笑い」の意味

愛想笑いというのはあくまでもその場に応じて必要とされるスキルであり、本当は楽しいと思っていないにも関わらず、とりあえずにこやかにしておくという意味があります。

ビジネスのシーンなどでは、特に本当に楽しいと思わなかったとしても、とりあえずニコニコしておかなければいけないことがありますよね。

それをまさに愛想笑いというのです。

「愛想笑い」の言葉の使い方

愛想笑いはビジネスなどにも必要とされますが、円滑な人間関係を維持するためにも必要なものになります。

例えば近所の人と話をしているときに話が全然面白くないと思いながらも笑顔を見せているならば、それはまさに愛想笑いと言えるでしょう。

上司のジョークが全然面白くないのに、とりあえず愛想笑いをするという人もいるかもしれませんね。

「愛想笑い」を使った例文・短文(解釈)

それならば、愛想笑いという言葉を使った文にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは愛想笑いという表現を使った例文をいくつか紹介します。

「愛想笑い」の例文1

「上司のジョークがとても寒いのに、とりあえず愛想笑いをしなければいけないのが辛い」

寒いジョークをいう人の中には、それが寒いということに気づいていないことがあります。

ましてやもしもそれが上司のジョークであるならば、とりあえず笑っておかなければいけないということも珍しくありません。

しかし、寒いジョークに対して笑わなければいけないということ自体がストレスになることもありますよね。

その一方で、ビジネスにおいてはそのような愛想笑いが重要なのです。

「愛想笑い」の例文2

「本音で勝負してはいけないよ、愛想笑いも大切にしなさい」

新入社員が入ってきたとき、もしもその人が常に本音で勝負していた場合、場合によっては愛想笑いをしなさいと教えなければいけないこともあるかもしれません。

愛想笑いというのはビジネスを円滑にするためには非常に大切です。

面白くないからといって膨れた顔をしているわけにはいきませんし、愛想笑いをしてでも相手の話に合わせなければいけないことがあります。

新入社員教育の1つとして重要なポイントです。

「愛想笑い」の例文3

「彼女は近所の奥さんと話をする時、いつも愛想笑いをしている」

近所の人と立ち話をする時など愛想笑いをしなければいけないこともあるでしょう。

年齢などによってはどうしても逆らえない、話を止めることができない、という人もいます。

そんな時は必要に応じて愛想笑いをしながら近所付き合いを円滑にする努力をすることも大切です。

話に付き合わされる一方で面白くないと思ったとしても、少し笑顔でいるという努力が近所の関係を良くしてくれるのです。

「愛想笑い」の例文4

「あの人が愛想笑いをしているときは、すぐにわかる」

その一方で、愛想笑いをしているということが丸わかりな人もいます。

愛想笑いというのは本当に楽しいと思っているわけではない作り物の笑顔の事ですが、それが周りにばれてしまうと愛想笑いの意味がなくなってしまいます。

しかし、実は愛想笑いをしているときには目が笑っていない、口角が上がっていない、という人も少なくありません。

愛想笑いをするときにはそれが愛想笑いであるということがあまりわからないようにすることも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典