「感謝」と「愛」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「感謝」と「愛」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「感謝」「愛」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「感謝」とは?

「感謝(かんしゃ)」とは、「援助・贈り物・優しい対応など、自分によくしてくれた相手に対してありがたいと思う気持ちやその気持ちを表現すること」を意味している言葉です。

「感謝」という表現は、「自分によくしてくれた人に対してありがたいと思い、何かお礼・恩返しをしなければならないと感じる気持ち」のことを示しているのです。

例えば、「私を育ててくれた母には感謝しています」「感謝の気持ちを忘れずに生きていきたいと思います」などの例文で使えます。

「愛」とは?

「愛(あい)」とは、「家族・親しい人を慈しんで助けてあげたいと思う気持ち」「生命ある存在を慈しんで大事にしようとする気持ち」を意味している言葉です。

「愛」という言葉には、「特定の人物・異性に対して愛しく思う気持ち、好きだと感じる気持ち」「相手のために貢献したいと思う気持ち・見返りを求めない利他的な感情」といった意味合いもあります。

例えば、「愛があるから家族のために頑張れるのです」「彼女に対する私の愛は本物です」といった文章で使用することができます。

「感謝」と「愛」の違い!

「感謝」「愛」の違いを、分かりやすく解説します。

「感謝」「愛」はどちらも「他者に対する肯定的な気持ち」を意味している言葉ですが、「感謝」という言葉は「自分によくしてくれた相手に対してありがたいと思う気持ちやその表現」のことを意味しています。

「感謝」に対して「愛」というのは、「家族や親しい人を慈しんで大切にしたいと思う気持ち・相手のために生きたいと思う気持ち」「好きな人を愛しく思う気持ち」などを意味している違いを指摘できます。

「感謝」「自分のために何かをしてくれた相手に対してありがたいと思う気持ち」ですが、「愛」のほうは「自分のために何かをしてくれたかどうかとは関係なく、親しい人・家族・命あるもの・好きな異性などに向けられる肯定的・援助的な感情」を意味している違いがあるのです。

まとめ

「感謝」「愛」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「感謝」とは「何かをしてもらった相手に対するありがたいと思う気持ちやその気持ちを表現すること」を意味していて、「愛」「相手のために生きたいと思う気持ち・関わりのある相手を慈しみ助けようとする気持ち」「特定の相手(異性)を愛しくて好きだと思う気持ち」などを意味している違いがあります。

「感謝」「愛」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典