「感謝の気持ち」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「感謝の気持ち」とは?

「感謝の気持ちです」というセリフとともに、誰かに花束を渡しているシーンを実際に、またはテレビを通じて見た経験がある人は多いと思います。

「感謝の気持ち」「かんしゃのきもち」と読みます。

普段から使っている言葉ばかりでできているフレーズのため、ほとんどの人が難なく読めるのではないでしょうか。

とはいえ「感謝の気持ち」と言われても、どのような気持ちなのか、あるいはどのような場面で使えばいいのかが分からない人も多いでしょう。

そこで、「感謝の気持ち」の意味や使い方を紹介していきます。

「感謝の気持ち」の意味

「感謝の気持ち」にはどのような意味があるでしょうか。

「感謝」には、「心にありがたく感じる事」という意味があります。

そのため誰かに対して「ありがとうございます」と感じる時、そのような気持ちになる時に、「感謝の気持ち」というフレーズを使う事になります。

また「感謝」ではなく「感謝の気持ち」という言い回しするのは、現代風の表現と言えるかもしれません。

「感謝の気持ち」の言葉の使い方

「感謝の気持ち」というフレーズを、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「感謝の気持ち」という言葉に続くのは「込めて」とか、「伝える」という言葉です。

また誰かに助けてもらった直後に「感謝」するのではなく、その日の終わり、あるいは日を改めてその時の事を「感謝」する時などに、「感謝の気持ち」というフレーズを使う事が多いでしょう。

「感謝の気持ちを込めて」という場合は、プレゼントを渡したり、手紙を渡したりします。

また「感謝の気持ちを伝える」という場合は、「ありがとう」という気持ちを伝えるための挨拶をしたり手紙を送ったりします。

「感謝の気持ち」を使った例文

「感謝の気持ち」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「感謝の気持ちを」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えて行きましょう。

「感謝の気持ち」の例文1

「長年の『感謝の気持ち』を込めて、プレゼントを贈る」

この例文のようにビジネスシーンでは、お世話になった人に『感謝の気持ち』を込めてプレゼントを贈る事があります。

例えばあなたの職場にも、定年退職を迎えたお世話になった先輩社員に、「ありがとう」という気持ちを込めてプレゼントを贈る習慣があると思います。

このような時のプレゼントは相手が喜ぶものが良いので、誰かがそれとなく本人の意向を聞くのがいいでしょう。

立派そうに見えるだけの役に立たないプレゼントは、もらった方が迷惑してしまうからです。

「感謝の気持ち」の例文2

「新婦が両親に、日頃の『感謝の気持ち』を込めた手紙を読む」

この例文のようなシチュエーションは、全国の披露宴会場で、今まさにこの瞬間にも起こっているでしょう。

結婚式の披露宴のクライマックスと言えば、新婦による両親への「感謝の気持ち」を込めて手紙の朗読です。

ほとんどの参加者が涙してしまう場面で、この儀式を終えるとすぐに披露宴は終了に向かいます。

結婚する新郎新婦が持つ両親に対する「感謝の気持ち」は、一言では言い表せないくらい大きなもののはずです。

そのため新婦の涙がセットになるのかもしれません。

「感謝の気持ち」の例文3

「卒業式の後は、先輩に『感謝の気持ち』を伝えるチャンスだ」

部活動などをしている学生は、先輩と後輩の絆が強いものです。

後輩は先輩に「ありがとう」と言いたい気持ちがあるかもしれませんが、照れもありなかなか口に出すチャンスはないでしょう。

この例文のように、先輩の卒業式が終わった後の少しの時間が、「感謝の気持ち」を伝えるチャンスかもしれません。

実際に卒業式の後の校庭や校門付近で、後輩に囲まれている嬉しそうな卒業生の姿を、毎年のように見かける事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典