「慎重に行動する」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「慎重に行動する」について

人は何かをする際にどう行動するかによってその結果にも影響を及ぼします。

軽い気持ちで行動することもあればその反対もあります。

そして注意深く行動する際「深長に行動する」と表現されることがあります。

「慎重に行動する」の意味とは

「慎重に行動する」という言葉は注意深く行動する・軽々しく行動はしないといった意味を持ちます。

「慎重に行動する」における「慎重」について、この言葉の意味としては「注意深い・気を付ける・軽率ではない」といった意味を持ち、その様子を表しています。

それに「行動」が続くため、慎重を意味する行動をとると解釈されています。

また地震に使う場合、周囲に対して慎重になっているということを発信する意味を持ちます。

そして他者へ使う際には注意喚起の意味合いも含まれてきます。

「慎重に行動する」の言葉の使い方

「慎重に行動する」という言葉は行動する際に注意が必要な時に用いられます。

その場面は様々であり、何かの危険がある・ミスや失敗が起こる・気づかれないようにするなど様々な場合で適応します。

また直近の場合以外にも、これからの予測としても用いられます。

そして使う際は前提として、自他共に気を付けることがあるとされています。

また「慎重に行動する」という言葉はこれから行動すること以外にも人の普段の様子を表す言葉としても用いられます。

そのため「あの人は慎重に行動することが多い」と、その人の特徴を伝える際にも用いられます。

「慎重に行動する」を使った例文

「慎重に行動する」という言葉は注意が必要な場面に直面した時や普段から「慎重に行動する」という言葉が当てはまる人に用いられることが多いです。

実際に使う際はどのようになるか、例文とその解釈を紹介します。

「慎重に行動する」の例文1

「彼は頭で考えずにいつも軽率な行動ばかりとっている。もっと慎重に行動することを学んだ方がいいね」

この場合、彼とされる人物の普段の行動・ふるまいを批判・注意する意味で用いられています。

普段より「慎重」とは程遠いような行動をとっているがこのままではいけないと話しています。

また直接は伝えず、その周囲の人物に話しています。

「慎重に行動する」の例文2

「私はいつも慎重に行動することでトラブルを回避したり処理してきた。今でもそれは変わらず、うまく対応できているよ」

ここでは自身の処世術を伝えています。

トラブルを回避・処理するうえでいつも慎重に行動することを心がけています。

その結果、いい方向・結果に収まっていると自身の話しています。

「慎重に行動する」の例文3

「みんな『慎重に行動するように』と話すけど、いざその場面になるとなかなかそうはいかないよ」

ここで用いられる「慎重に行動する」は指導・指摘の意味で用いられています。

しかし受け手側は何かある時には慎重に行動するとよいと言われても実際にはなかなか実践はできないと愚痴をこぼしています。

「慎重に行動する」の英語と解釈

「慎重に行動する」という言葉は様々な場面で適応となり、英訳では“move carefully”となります。

“move”は動く・行動するという意味を持ち、“carefully”は注意する・気を付けるといった意味を持ちます。

それらが合わさることで「慎重に行動する」という意味となります。

他にも単語を変えて“act with discretion”という表現も存在します。

「慎重に行動する」の類語や類義表現

「慎重に行動する」という言葉は様々な類語・類義表現が存在しています。

それぞれどのような言葉・使い方になるか紹介していきます。

「思慮深く行動する」

この言葉の意味として、行動をするにあたり十分に考えてから行うという意味を持ちます。

「思慮」には考える様子を表す意味を持ち、それに行動が加わることで考えたうえで行動するとされ、類義表現とされています。

「用心深く行動する」

この言葉は物事に対して警戒心を持ち、注意深く行動するという意味です。

「用心」とは気を付ける意味を持ちますが、その背景には何かの危険・リスクなどが近づいている可能性があるとされています。

そのため危険回避の意味で類義表現となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典