スポンサーリンク

「慰留ハラスメント」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「慰留ハラスメント」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「慰留ハラスメント」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「慰留ハラスメント」とは?意味

「慰留ハラスメント」とは、近年問題となっている様々なハラスメント行為の一種であり、会社を退職したいと考えているアルバイト、パート、正社員などの従業員に対して、上司や管理職をしている人が人員不足などを理由に必要以上の過剰な引き留めをする事を指します。

「慰留ハラスメント」の概要

そもそも「ハラスメント行為」とは、相手が嫌だと感じたり、困ってしまったり、迷惑してしまったりする行為を総じて「ハラスメント」と呼びます。

これはラスメント行為をしている人に、ハラスメントの自覚が無くても成立し、相手が「ハラスメントを受けている」と感じていればハラスメントとして認められます。

「慰留ハラスメント」は、そのハラスメント行為の中でも比較的最近耳にするようになったハラスメント行為の一種で、会社を辞めようと申し出た従業員に対して、過剰な引き留めをする事を指します。

この過剰な引き留めとは、退職をそもそも認めない、退職を申し出た従業員に対して露骨な嫌がらせをする、恫喝や叱責するなどして退職を取り下げるように強要するなどの行為が該当します。

当然の事ながら、暴行したり強要したりすれば犯罪行為になりますが、ほとんどの場合犯罪行為をしているとは言えない方法で行われ、退職を申し出た従業員にとっては非常に強いストレスを受ける結果になります。

この「慰留ハラスメント」を避けるため、最近では「退職代行サービス」などの本人がストレスを感じる事無く、スムーズに退職の手続きが完了できるようなサービスも増えてきています。

「慰留ハラスメント」の言葉の使い方や使われ方

「慰留ハラスメント」という言葉は、近年の人手不足問題が大きな影響を及ばしています。

会社としては貴重な従業員は一人でも多く確保したいという考えが根底にあるため、出来る限り会社を辞めるという選択をとってほしくありません。

このため会社としては当然、退職を申し出た従業員を引き留めるという行動を起こすでしょう。

この場合に一般的な範囲での引き留めであれば問題ありませんが、一部で過剰な引き留め行為が行われる場合があります。

この過剰な引き留め行為を、退職を申し出た従業員が「嫌だな」「困ったな」と感じた時、この行為は「慰留ハラスメント」と言えます。

重要なのは、退職を申し出た人が「過剰である」と感じた場合に使われる言葉であり、会社側が「過剰である」と思っていなくても「慰留ハラスメント」は成立するという点です。

「慰留ハラスメント」を受けないためにも、退職代行サービスを利用したり、退職前に十分な準備し、スムーズに手続きを進める事が重要です。

「慰留ハラスメント」を使った例文(使用例)

・『退職を申し出た事をきっかけに、上司から必要以上に叱責されるようになった。これは慰留ハラスメントに当たるのではないだろうか』
・『結婚を機に退職する事になったのだが、会社から慰留ハラスメントとも取れる行為があり、とても困っている』
・『慰留ハラスメントなどのトラブルにならないように、退職代行サービスを利用し退職をした』

まとめ

慢性的な人手不足が原因で起こってしまう「慰留ハラスメント」ですが、一般的な範囲での引き留めであれば、自分が会社から必要とされていると感じ、悪い気はしません。

しかし、それが度を超えた過剰な引き留めであれば、退職を希望している従業員が大きなストレスを感じ、「慰留ハラスメント」とみなされてしまいます。

会社にとっても、退職を希望する従業員にとっても、お互いの意見を尊重し合いスムーズな手続きができるよう、常に準備しておく事が重要と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典