スポンサーリンク

「憂慮」と「考慮」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「憂慮」と「考慮」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

感情をあらわす言葉は、日本にはいっぱいあります。

この記事では、「憂慮」「考慮」の違いを分かりやすく説明していきます。

よく似た語句を基礎から学んで、国語力をアップさせていきましょう。

スポンサーリンク

「憂慮」とは?

憂慮(ゆうりょ)とは、非常に気がかりなこと。

不安が湧いて、とても悩ましいことです。

また先を案じて、色々と物思いにふける様子もあらわしています。

ちなみに「憂慮」「憂」とは、悪いことが起きないか心配すること。

心にザワザワとした不安の種があって、ひどく緊張している様子をふくんでいます。

「憂」のつく言葉として、思い浮かべるのが一喜一憂。

一喜一憂は喜びと不安が、交互におとずれることです。

そのため「憂慮」は不安な気持ち・心配している気持ちがずっと続いている状態です。

憂慮とよく似た言葉に懸念というワードがありますが、より強い心配をあらわしているのが憂慮。

非常に心配していることをビジネスの場では「深く憂慮いたします」「深い憂慮をあらわします」といいます。

「考慮」とは?

考慮(こうりょ)とは、思いを巡らせること。

問題について、時間をかけてじっくり考えることです。

何かの行動を起こすとき、前もって検証することをあらわします。

単なる思いつきではなく、ゆっくり考えた末の行動となります。

そもそも「考慮」「考える」という字は、おじいさんがあれこれ思案している様子から生まれた漢字。

たしかに「考える」を眺めていると、腰を曲げたおじいさんの姿が浮かんできます。

「考」は思うのほかにも、研究するという意味があります。

これまでの経験と照らし合わせながら、じっくり結果を導き出していくのが「考慮」なのです。

考慮には「これから考えていく」というニュアンスも含まれているので、実生活では「~の可能性も考慮いたします」「現在の状況を考慮します」などと使います。

すでに終了したことよりも、現在進行形の事案にたいして使われるケースが多いです。

3. 「憂慮」「考慮」の違い よく似ている言葉に「憂慮」「考慮」があります。

「憂慮」「考慮」の違いを、分かりやすく解説します。

・強い不安は「憂慮」「憂慮」「考慮」には思い悩むという意味合いで使われます。

どちらも「慮」が付いているので紛らわしいのですが、より強い懸案事項をあらわすのが「憂慮」

悪いことが現実に起こらないか、気になって仕方がない場合にもちいます。

これに対して「ひとまず考えます」という意味がふくまれるのが「考慮」です。

心配や不安という心情は少なく、良い可能性と悪い可能性を全部含めて考えていく時につかいます。

強い気がかりは憂慮、じっくり考えることは考慮です。

まとめ

「憂慮」「考慮」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも日常生活でよく耳にする言葉です。

憂慮は深く心配すること。

気がかりな様子をあらわします。

また考慮はじっくり検討すること。

時間をかけて考えることです。

よく似た言葉を正しく使いわけて、語学の知識を増していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典