スポンサーリンク

「憤りを感じる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「憤りを感じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「憤りを感じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「憤りを感じる」とは?意味

「憤りを感じる」とは、怒りを感じる、腹を立てる思いを感じる、という意味を持つ言葉です。

単に「腹が立つ」という意味で使われる事もありますが、表立って怒りの感情を大きく表しているのではなく、怒りの感情をうまく表に出せないという複雑な感情を含む際に使われる傾向があります。

「憤りを感じる」の概要

「憤りを感じる」とは、「いきどおりをかんじる」と読み、「憤り」とは、「腹を立てる」「怒り」「憤慨」を表している言葉です。

単純に腹を立てている事について「憤り」と表わす言葉でもありますが、「怒り」「立腹」などの表面上ですぐに分かるような感情に比べて、内に秘めるような感情を指している場合が多くなっています。

道理や常識に反する行為が行われた際に、その行為について怒り悲しみ、どこにその怒りの感情を向けたらよいの複雑になっている様子を表しています。

「憤りを感じる」とは、このような内に秘めた怒りや腹が立つ事を感じる、そういった感情を持った場合に使用されます。

「憤りを感じる」の言葉の使い方や使われ方

「憤りを感じる」は、通常「怒り」「立腹」などの感情を感じた際に使用される言葉です。

この怒りの感情については、表立って強く表現される感情ではなく、心の中で静かに怒るような感情を指す場合が多くなっています。

道徳的に問題である行動だったり、常識から大きく逸脱した行為に関し、怒りの感情に合わせて何故そのような事をしてしまったのかという悲しみにも似た複雑な感情を持った際に「怒り」という言葉の代わりに使われます。

「憤り」は怒りの感情を心の中に秘めているという意味を持ち合わせているため、「憤りを隠せない」と使われた場合には、その怒りの感情が強すぎて、思わず感情的になってしまいそうになったり、表情に出てしまいそうになっている様子を表しています。

「憤りを感じる」を使った例文(使用例)

・『今でも続いている内戦状態の国に対し、強い憤りを感じる』
・『いじめが原因で自殺してしまう子供が減らない現状に憤りを感じる』
・『あのような重大な犯罪を犯しておいて、この程度の判決では憤りを感じてしまう』

まとめ

「憤りを感じる」とは、怒りや腹立たしい感情を感じている様子を表している言葉です。

表立って強く感情をあらわにしているというより、内に秘めている怒りの感情を指す場合が多くなっています。

このような感情を覚えた際には、「怒る」「腹が立つ」よりも「憤り」と表現する事で、より複雑な感情を持っているという事を伝える事ができます。

この「憤り」という言葉の後ろには「感じる」のという言葉以外にも、「憤りを隠せない」「憤りを覚える」などと使用する事で、「憤り」とい感情について別の表現をする事も可能で、怒りについての感情がどのような状態であるかという点を「憤り」の後に続く言葉を変える事で細かく表すこともできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典