「懇談会」と「懇親会」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「懇談会」と「懇親会」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「懇談会」「懇親会」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「懇談会」とは?

「懇談会」の意味と使い方について紹介します。

「懇談会」の意味

「懇談会」「こんだんかい」と読みます。

意味は「幼稚園や学校などで、教師と保護者の交流目的として、ざっくばらんに話し合いをする為に集まる会のこと」です。

「懇談会」の使い方

「懇談会」は、幼稚園や学校などで、教師と保護者がお互い気軽に話し合いをして、交流する目的で集まる会のことを言います。

基本的に何らかの議題があり、それに関して打ち解けた雰囲気で話し合いをすることで、教師と保護者が交流する目的があります。

「懇談会」自体は食事を伴わず、お茶やお菓子程度が多いのですが、話し合いが終った後に「懇親会」として食事することがあるので、混同されがちな言葉です。

「懇親会」とは?

「懇親会」の意味と使い方について紹介します。

「懇親会」の意味

「懇親会」「こんしんかい」と読みます。

意味は「参加者同士が親睦をはかる為に集まる会のこと」です。

「懇親会」の使い方

「懇親会」は参加者同士が気軽に会話して、親睦をはかる目的で集まる会のことを言います。

お互いが親しくなり、楽しく過ごすことを目的としていて、食事を伴うことが多くなります。

中には夕方から飲酒したり、カラオケなどのイベントも行うこともあります。

話し合うことではなく、お互いが仲良くなることが目的ですが、ビジネスになると上下関係や力関係が含まれるので、かなり気を遣うこともあります。

「懇談会」と「懇親会」の違い!

「懇談会」「幼稚園や学校などで、教師と保護者の交流目的として、ざっくばらんに話し合いをする為に集まる会のこと」です。

「懇親会」「参加者同士が親睦をはかる為に集まる会のこと」です。

まとめ

今回は「懇談会」「懇親会」の違いをお伝えしました。

「懇談会は気軽に話し合う会」「懇親会は親睦をはかる会」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典