スポンサーリンク

「懐中電灯」と「ランタン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「懐中電灯」と「ランタン」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

屋外の電源が無い場所で、灯りの役目をしてくれるのが、「懐中電灯」「ランタン」です。

また、「懐中電灯」「ランタン」は、屋内でも停電時に活躍してくれます。

この記事では、「懐中電灯」「ランタン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「懐中電灯」とは?

「懐中電灯」とは、乾電池を使い、手で持ったり、ポケットに入れたりして、持ち運ぶための小型電灯です。

地方によっては「電池」「棒電池」と呼ぶところもあります。

「懐中電灯」は電源がない場所で使用できるので、屋外や停電時などに活用することができます。

「懐中電灯」と言うと、棒状で、狭い範囲を照らす照明器具という印象がありますが、キャンプ用などで、広範囲を明るくできるタイプもあるようです。

乾電池があれば、すぐに灯りを点けることができるので、大変便利です。

災害時などにも活躍するので、普段から「懐中電灯」をストックしておくようにしたいものです。

「ランタン」とは?

「ランタン」とは、角灯や手提げランプのことを言います。

「提灯」「ランタン」の一種と言えるでしょう。

「ランタン」はどこかに掛けたり、置いたり、または手にぶら下げて移動することができる、吊り下げ型の照明器具です。

「ランタン」はキャンプで使う照明器具として知られています。

燃料はガスやオイルなどの他に、電池やLEDタイプがあります。

「懐中電灯」と「ランタン」の違い

「懐中電灯」「ランタン」の違いを、分かりやすく解説します。

「懐中電灯」は乾電池を使った携帯型の小型電灯です。

一方、「ランタン」は移動できる吊り下げ型の照明器具です。

どちらも電源が無い場所で利用することができます。

夜のキャンプでおなじみの「ランタン」ですが、「懐中電灯」を使うこともあります。

「懐中電灯」は一部分を照らすのに適していますが、「ランタン」は全体的に周りを明るくしてくれます。

どちらかというと、「ランタン」の方が暖かみのある光で、落ち着いたイメージや、オシャレな印象があるかもしれません。

「ランタン」は屋外に置いたり、どこかにぶら下げて使いますが、「懐中電灯」は携帯して、移動時などに使うことが多いでしょう。

キャンプでは両方使うことも多いので、それぞれの用途に合わせて、うまく使い分けて行きたいものです。

まとめ

夜のキャンプ以外でも、暗い場所に出かける時などに便利なのが「懐中電灯」です。

夜のウォーキングでは安全のためにも、「懐中電灯」を持ち歩くようにしたいものです。

最近はスマホのライト機能を「懐中電灯」代わりにすることもあります。

いずれにしても、暗いところでは安全面と、自分の存在を知ってもらうためにも、携帯用の照明器具を使うようにしましょう。

普段の生活で「ランタン」を使うことはあまりないですが、部屋の灯りとして使ってみるのも良いかもしれません。

「ランタン」は独特のフォルムがあり、インテリアとしても素敵です。

また、灯りの役割だけではなく、落ち着いた雰囲気で、癒し効果も期待できるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典