「懸念が残る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「懸念が残る」とは?

「懸念が残る」とは、「ある物事・行為などについて、気がかりで心配な部分が残ること」を意味しています。

「懸念が残る」というのは、「すっきりとした気分になれず、心配なことや不安なことが残っているさま」を意味する表現なのです。

「懸念(けねん)」の表現は、「気がかりで不安に思っていること」を意味しています。

「懸念が残る」の読み方

「懸念が残る」の読み方は、「けねんがのこる」になります。

「懸念が残る」の表現の使い方

「懸念が残る」の表現の使い方は、「何らかの物事・行為について、気がかりな点や心配な所が残っている場合」に使うという使い方になります。

例えば、「私が退職した後に現在のチームの顔ぶれで、今まで通りの難易度のプロジェクトを進めていけるのか懸念が残ります」といった文章で、この表現を使用することができます。

「懸念が残る」を使った例文と意味を解釈

「懸念が残る」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「懸念が残る」を使った例文1

「まだ完全には腕の筋肉の怪我が治っていないので、全力の投球には懸念が残ります」

この「懸念が残る」を使った例文は、「まだ完全には腕の筋肉の怪我が治っていないので、全力の投球には気がかりで不安な部分が残る」ということを意味しています。

「懸念が残る」を使った例文2

「自分の技術や知識を総動員したノウハウを弟子たちに伝えきれていないので、私が引退した後の製品の完成度には懸念が残りました」 この「懸念が残る」を使った例文は、「自分の技術や知識を総動員したノウハウを弟子たちに伝えきれていないため、私が引退した後の製品の完成度には、気がかりで心配な所が残った」を意味しています。

「懸念が残る」の類語や類義語

「懸念が残る」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

「不安が残る・心配なことがある」【ふあんがのこる・しんぱいなことがある】

「懸念が残る」という表現は、「気がかりなことや不安(心配)な部分が残ること」を意味しています。

その意味合いから、「懸念が残る」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「不安が残る・心配なことがある」の表現を指摘できます。

「気がかりである・不安が頭にある」【きがかりである・ふあんがあたまにある】

「懸念が残る」という言葉は、「気がかりで心配な部分が頭から離れないこと」「不安なことが常に頭から離れないさま」を意味しています。

それらの意味合いから、「懸念が残る」とほとんど同じような意味を持つ類義語として、「気がかりである・不安が頭にある」という表現を上げられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典