スポンサーリンク

「懸案」と「懸念」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「懸案」と「懸念」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「懸案」「懸念」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「懸案」とは?

「懸案」とは、以前から問題となっているが解決されていない問題の事を言います。

長い間解決されていなかったり、なかなか決着がつかない時など、主にネガティブな内容のときに使われます。

問題の大きさに関わらず「以前から」起きている事に対しては「懸案」という表現をします。

「懸念」とは?

「懸念」とは、不安に感じていたり物事に対して何か心配に思っている時に使われる言葉です。

ビジネスの場では気がかりとなっている問題点や、これから起こりそうな事を指摘するときに使用します。

まだ起きていない「未来」に対して、何か不安に思っている事がある際には「懸念」という表現をします。

「懸案」と「懸念」の違い

「懸案」「懸念」の違いを、分かりやすく解説します。

「懸案」とは、以前から解決されずにいる問題のことを言い「懸念」とは、未来に対して気がかりとなっている問題や不安に思っている事を指摘する際に使うという違いがあります。

まとめ

「懸案」「懸念」似ている言葉ではありますが、意味が異なるので状況に応じて使い分ける必要があります。

ビジネスシーンでも使われる事が多い言葉ですので間違えた使い方をしないようにしっかりと確認しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典