スポンサーリンク

「懸賞乞食」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「懸賞乞食」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「懸賞乞食」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「懸賞乞食」の意味

懸賞に当たろうと必死になっている人のこと

「懸賞乞食」の解説

「懸賞乞食」「けんしょうこじき」と読みます。

意味は、「懸賞に当たろうと必死になっている人のこと」です。

あらゆる懸賞に応募して、懸賞品で生活を潤そうと、余暇の全てを懸賞に打ち込む人を表します。

懸賞に応募するにはその商品を集中して購入して応募券を貯めたり、クイズに答えたりなど努力が必要ですが、それを生きがいにしている人です。

「乞食」は本来「他人から施しを受けて暮らす人」という差別用語ですが、ネット用語として「何かに強く依存している人」という意味で使われる様になりました。

「〇〇乞食」という表現は多く「ネット乞食」「検索乞食」「コメント乞食」などがあります。

「懸賞乞食」の使われ方

「懸賞乞食」は、毎日懸賞のことばかり気にして、当たるとすぐに自分のSNSやブログで自慢したり、専用のブログを開設している人に使われます。

「懸賞乞食生活を極める」「懸賞乞食のブログがすごい」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典