スポンサーリンク

「懺悔」と「告白」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「懺悔」と「告白」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「懺悔」「告白」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「懺悔」とは?

「懺悔」の意味と使い方について紹介します。

「懺悔」の意味

「懺悔」「ざんげ」または「さんげ」と読みます。

意味は「神仏の前で自分の犯した罪を打ち明けて悔い改めること」「キリスト教で、罪を打ち明けて神の許しを請うこと」「自分の罪を悔いて他人に打ち明けること」です。

「懺悔」の使い方

「懺悔」には、以下の2つの使い方があります。

1つ目は元の意味で、「宗教的な意味で、自分の罪を神仏に打ち明けて、悔いあたらめ許しを請うこと」という意味です。

キリスト教の場合「ざんげ」と読み、カトリック教では信者が教会にある狭い部屋に入り、自分の犯した罪を神に打ち明けることです。

仏教では「さんげ」と読み、仏や菩薩、師の前で、自分の犯した罪を打ち明けて悔い改めることです。

2つ目は元の意味から転じて、「自分の悪い行いを、他人に打ち明けて許しを請うこと」という意味です。

こちらは「飲み会で懺悔大会をする」など、比較的軽い意味で使われ、後に笑い話なることもあります。

上記に共通しているのは「自らの罪を打ち明けて許しを請う」という点です。

「告白」とは?

「告白」の意味と使い方について紹介します。

「告白」の意味

「告白」「こくはく」と読みます。

意味は「秘密にしていたことや、心の中で思っていたことを、人に打ち明けること」「キリスト教で、自分が信者であることを公表したり、自分の罪や秘密を神に打ち明けること」

「告白」の使い方

「告白」は、今まで秘密にしていたことや、心の内に秘めていたことを、他人に打ち明けることを言います。

宗教的な意味もありますが、日常でよく使われて、恋愛においては好意を持っている相手に自分の気持ちを伝えることとして使われます。

「告白」の内容は、悪事や罪ばかりではなく、人への好意や秘密など、普段人に言えないこと全てを含みます。

「懺悔」と「告白」の違い!

「懺悔」「悪事や罪を打ち明けて許しを請うこと」です。

「告白」「秘密や心の内を打ち明けること」です。

まとめ

今回は「懺悔」「告白」の違いをお伝えしました。

「懺悔は悪いこと」「告白は人に言いにくいこと全て」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典