スポンサーリンク

「成金」と「金持ち」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「成金」と「金持ち」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「成金」「金持ち」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「成金」とは?

「なりきん」と読みます。

それまで貧しかったはずが、何かをきっかけとして急激に資産を増やした人のことを成金と言います。

いきなりお金持ちになった人のことを羨み、やっかみ半分で蔑む気持ちの籠った言葉として使われます。

つまり、成金と言われたら誉め言葉と思うのは大きな勘違いなのです。

「成金」はいきなり大金を手にするために、スマートなお金の使い方ができない欠点があります。

例えば、急に豪華な腕時計を購入したり、高級レストランで食事をしたりすることです。

それまでの洋服と豪華な腕時計ではミスマッチであり、それに気づくことができな浅はかさが「成金」と呼ばれてしまう原因になります。

また、高級だからと行き慣れないレストランで食事をしても注文の際や食事のマナーで失態を犯してしまうこともあるでしょう。

それらをスマートにこなせない悲しさが成金たる所以なのです。

「金持ち」とは?

「金持ち」は生まれながらにして金持ちな人と自らがコツコツと築いた財産を有する金持ちがいます。

どちらも品のない消費をしません。

ときには慎ましく、自分自身が本当に価値を感じるものだけにお金を使います。

金持ちはケチだから金が貯まると後ろ指をさされることがありますが、実際に本物の金持ちは消費活動がとても堅実です。

受け継いだ財産によって金持ちになったわけではなく、自分の力で稼いだ人はお金の大切さが身に染みて分かっているため無駄を嫌います。

また、残念なことに生まれながらのお金持ちの中には、実際に稼ぐようになると金銭的な挫折経験がないために挫けてしまう人もいます。

どれくらい財産があれば金持ちなのかという線引きは難しく、明確な答えはありません。

誰もが羨む貯金額が口座にあったとしても、不安で眠れない人もいます。

また、さほど余裕がなくても満ち足りている人はいるものです。

「成金」と「金持ち」の違い

「成金」「金持ち」の違いを、分かりやすく解説します。

成金は元々お金を持っていた人ではなく、あるときから急に財産を増やした人のことです。

いきなり大金を手にしたことで使い方に迷い、悪目立ちするようなことをしてしまうことで成金ぶりに苦笑されてしまうことも間々あります。

金持ちは財産が十分にある人のことです。

そういう意味では成金も金持ちの中に分類されますが、にわか金持ちと思われているために金持ちの中には一緒にされたくないと強く感じている人は確実にいます。

まとめ

ある程度の財産を保有したときに、「成金」と呼ばれて喜ぶ人はいません。

成金には確実に蔑む意味が込められているからです。

それでも、お金はないよりもあったほうが良いと思う人のほうが多いでしょう。

もしも成金のようにいきなり大金を手にしたら使い方を間違えなければ成金呼ばわりされることはありません。

お金は程よくスマートに使えばいいのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典