「成長を促す」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「成長を促す」

成長を促すという言葉は「せいちょうをうながす」と読み、ものを成長させること、成熟させること、という意味を持ちます。

育てる、養う、という類義語以外にも育てあげる、成長させる、才能を引き出す、成長を促進させる、養成する、などといった類義語があります。

「成長を促す」の意味

促すという表現には早く物事をするように急かす、催促する、などといった意味合いがあります。

よく似た表現に喚起するという言葉がありますが、喚起するというのは呼び起こすという意味がありますので、促すという表現とは若干意味が異なります。

促すという表現よりも喚起するという表現の方が能動的な意味合いを強く持っているのです。

「成長を促す」の言葉の使い方

成長を促すというのは誰かが成長できるように手助けをする、急かす、などといった意味があります。

例えば部下の教育をする時など、部下がしっかりと育つように成長を促していかなければいけません。

下のものを育てあげ、リーダーとして働けるようにしていかなければいけないのです。

子供を育てる時も同様です。

子供の成長をどのように促していくのかということが大切になります。

「成長を促す」を使った例文・短文(解釈)

それでは、成長を促すという表現はどのような文脈で使われるのでしょうか。

ここでは成長を促すという言葉の例文をいくつか紹介します。

「成長を促す」の例文1

「子供の成長をしっかりと促すことが大切です」

子供を育てるためには、様々な配慮をしていかなければいけません。

子供が愛されているという気持ちをしっかりと持ち、健全に成長していけるよう、周りの大人が気を遣って行かなければいけないのです。

そのため、子供の成長をしっかりと促していくことが大切です。

放っておけば子供は育つなどという人もいますが、子供にはしっかり物事を教えていかなければ意味がありません。

だからこそ、子供が成長できるように、大人が注意していかなければいけないのです。

「成長を促す」の例文2

「部下の成長を促すために、上司は様々な工夫をしなければいけない」

会社では部下と上司の関係が非常に重要になります。

部下の成長を促すために、上司はしっかりと教育をしていかなければいけません。

放っておけば良いわけでもありませんし、部下が失敗した時は頭ごなしに怒鳴れば良いというわけではありません。

何がいけなかったのかしっかりと教えて聞かせ、二度と同じような間違いをしなければいけないのです。

そのため、部下の成長は上司の責任だと言えるでしょう。

「成長を促す」の例文3

「リーダーとして成長を促すことが大切だよ」

リーダーは誰よりもトップの位置にいますが、だからといって成長しなくても良いというわけではありません。

リーダーとして成長していくことも必要であり、リーダーだからこそ知らなければいけないこともたくさんあります。

だからこそ、リーダーはその前にリーダーだった人たちの話を聞いたり、目下の人たちの話をしっかりと聞き、自分なりのリーダー像を作り上げていかなければいけないのです。

それまでにリーダーだった人たちは新しくリーダーになった人の成長を促し、立派な指導者になれるよう、注意していかなければいけません。

「成長を促す」の例文4

「彼女が立派な教員になれるよう、成長を促してあげてね」

教員というのはなかなかシビアな仕事です。

会社では新入社員だから仕方がないなどという言われ方もしますが、新任教員は新任教員だから仕方がないなどと言われることがありません。

生徒や保護者は遠慮なく、シビアに新任教員と接するものです。

だからこそ、新任教員は先輩教員の話をしっかりと聞き、成長していかなければいけません。

周りの人たちも新任教員をしっかりと指導し、1人で立ち上がれるような教員になれるよう、工夫していかなければいけないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典