スポンサーリンク

「手ぬぐい」と「ガーゼタオル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「手ぬぐい」と「ガーゼタオル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「手ぬぐい」「ガーゼタオル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「手ぬぐい」とは?

手や顔を拭いたり、頭にかぶったりする、木綿の平織の布です。

長方形をしていることが一般的です。

布に使用される素材には、綿、麻、絹、ポリエステルなどがありますが、「手ぬぐい」は木綿が使用されます。

木綿は吸水性に優れており、「手ぬぐい」は手や顔の水けを拭くのに適しています。

また、肌辺りが柔らかい特徴もあり、この点も手などを拭くのに適しています。

一般的なタオルは四辺が縫われていますが、「手ぬぐい」は切りっぱなしなことが一般的です。

縫われている場合は、その部分に厚みができて乾きにくいです。

一方、切りっぱなしなら厚みができず、乾きやすくなります。

また、「手ぬぐい」は薄い布なため、これも乾きやすい理由です。

用途は、手や顔を拭く、頭にかぶる、裂いて鼻緒にする、飾るなどがあります。

デザインがさまざまなので、部屋に飾っておくとインテリアの一部になります。

「手ぬぐい」の使い方

木綿の平織の布を指して使用する言葉です。

薄い布で、一般的には長方形をしています。

「ガーゼタオル」とは?

木綿糸を折り目の粗い平織りにした布です。

使用する素材は木綿糸です。

ポリエステルや絹などではありません。

ガーゼは医療用や肌着としても使われていますが、「ガーゼタオル」は手や顔などを拭けるほどの大きさにしたものです。

医療用とは異なり、裏面にタオルが使用されていることがあります。

ただの粗い目の布で水分を拭きとると、すぐに水分でぐしゃぐしゃになってしまいます。

しかし、裏面にタオル地が使われていると、吸水性が増します。

目が粗く薄いため、乾きやすい特徴があります。

また、ガーゼは乳幼児の肌着に使用されることがあるように、肌触りが柔らかい特徴があり、「ガーゼタオル」も肌触りが柔らかです。

タオルにしているので、四辺は縫われています。

ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオルなど、さまざまなサイズがあります。

「ガーゼタオル」の使い方

木綿糸を粗い目の平織にした布を指して使用する言葉です。

手や顔を拭けるようになっています。

「手ぬぐい」と「ガーゼタオル」の違い

どちらも布なのですが、同じものではありません。

「手ぬぐい」は平織の布で、タオル地はついていません。

「ガーゼタオル」「手ぬぐい」に比べると目が粗く、裏にタオル地がついていることがあります。

「手ぬぐい」の例文

・『手ぬぐいをお土産にもらった』
・『手ぬぐいを部屋に飾る』
・『手ぬぐいで汗を拭く』
・『手ぬぐいを10枚購入した』

「ガーゼタオル」の例文

・『出産祝いにガーゼタオルをもらった』
・『ガーゼタオルで顔を拭く』
・『ガーゼタオルを洗濯する』
・『ガーゼタオルが好き』

まとめ

2つのものは布を指しているのですが、織り方、四辺の形状、肌触り、タオル地の有無などの点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典