スポンサーリンク

「手動」と「手作業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「手動」と「手作業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「手動」「手作業」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「手動」とは?

「手動」とは、何らかの機械ないし装置を、これを人間が操作することで動作させることを指す言葉です。

また、そういった操作で作動する機械装置の機能を指す言葉です。

「手動」の反対語は自動で、主に自動に対比させる概念として使われており、「手動」はマニュアル、自動はオートの表現で使われる事が多くなっています。

例えば、自動ドアは当たり前のように身の回りにありますが、一般的な住宅のドアは「手動」です。

しかし元々は「手動」が当たり前だったことから、あえて「手動」とは表現せずに、新しく誕生した自動ドアにのみ自動を付けて区分しているのです。

こうした自動の設備や機器にも、「手動」モードを備えている事が多いものです。

これは、何か普段とは異なる操作や作業を行う時に、自動では不都合な可能性があったり、「手動」操作自身を楽しむためと言えます。

自動ドアの場合、電源をオフにすれば自動機能は切れて、「手動」での開閉モードとなります。

この状態では、機構面から開閉するのは非常に重いですが、「手動」で開閉ができます。

またカメラでは、オートフォーカス機能を搭載している機種でも、マニュアルモードでも使えるようになっています。

さらに、車のミッションでも、オートミッションの車種とマニュアルミッションの車種があります。

技術的には「手動」=マニュアルよりも自動=オートの方が先進的ですが、車でマニュアルが存在するのは、「手動」操作を楽しむという側面が強いからと言えます。

「手作業」とは?

「手作業」とは、機械を用いずに人の手で行う作業を意味する言葉です。

この作業とは、仕事をすることの意味で、特に一定の目的と計画のもとに、身体または知能を使ってする仕事を意味します。

簡単な道具・工具を手に持って使う作業の場合にも、それがごく簡単で機械と呼べるものでなければ、「手作業」と言えます。

例えば稲作を考えれば、田植えや稲刈りもかつては「手作業」でした。

しかし今日では機械での作業が主流となっています。

「手作業」であったものが機械作業化・自動作業化するには、「手作業」が大変で機械化のニーズがあり、メーカーがニーズに応える商品の開発を行い、最終的には消費者が経済メリットを判断して導入するという事になります。

従って、「手作業」のまま残っている作業は、技術的に機械化・自動化出来ないと言うよりも、経済的に意味がないケースが多いと言えるのです。

「手動」と「手作業」の違い

「手動」とは、何らかの機械ないし装置を、これを人間が操作することで動作させることを指す言葉です。

それに対して「手作業」とは、機械を用いずに人の手で行う作業を意味する言葉です。

似た言葉に思えますが、「手動」は機械や装置を操作する行為であり、「手作業」とは機械や装置を使わずに一連の仕事を行う事で、「手動」は単機能的であるのに対し、「手作業」は複合的・複雑な動作を手で行う事を指すと言う違いがあるといるのです。

まとめ

「手動」とは、何らかの機械ないし装置を、これを人間が操作することで動作させることを指す言葉です。

それに対して「手作業」とは、機械を用いずに人の手で行う作業=仕事を意味する言葉です。

従って、似て非なる言葉と言えます。

「手動」は機械や装置を操作する行為であり、「手作業」とは機械や装置を使わずに一連の作業=仕事を行う事であり、手で行う行為が単機能的か複雑機能的かと言える違いがあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典