スポンサーリンク

「手法を用いる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「手法を用いる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「手法を用いる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「手法を用いる」とは?意味

ある物事のやり方を使うことという意味です。

「手法」には物事のやり方という意味があります。

「手」という漢字は、人間でいうと腕より先の指がついている部分の意味がありますが、「手法」は手で行うことだけを指しているのではありません。

「手」という漢字は、やりかたという意味も含み、手を使ったもの以外のやり方も指します。

「用いる」には使うという意味があります。

こういったことから、「手法を用いる」には、ある物事のやり方を使うことを指しています。

「手法を用いる」の概要

何かをするときには、何かのやり方を採用します。

そのことを意味する言葉です。

残念なことですが、増えすぎた野生動物が田畑に被害を与える、人間に危害を加えるなどとして、害獣として駆除されることがあります。

駆除をする方法には、首くくり罠を使う、銃で撃つ、安楽死させるなどがあります。

たとえば、安楽死という方法を使う場合なら「安楽死という手法を用いる」と表現することができます。

オリゴ糖とは、単糖類が複数個つながった糖類のことです。

はっきりした定義はありませんが、2糖や3糖から10糖程度のものを指す場合が多いです。

オリゴ糖の中には人間が持つ消化酵素では消化できないものがあり、それは大腸にまで届いて、腸内の善玉菌のエサになります。

それによって、善玉菌が増え、腸内環境が整うことが期待できます。

しかし、オリゴ糖は悪玉菌も利用します。

つまり、善玉菌だけを狙って増やすことは難しいのです。

ところが、ビフィズス菌だけを選択的に増やせる可能性があるオリゴ糖が発見されました。

このオリゴ糖を使うことで、腸内の善玉菌だけを増やせる可能性があり、また特定の疾患の改善も期待できるとされています。

このことを「この手法を用いることで善玉菌の増殖が期待できる」と表現できます。

「手法を用いる」の言葉の使い方や使われ方

ある事柄をするときに、あるやり方を使うことを指して使用する言葉です。

どういった事柄をするのか、どういったやり方をするのかは意味に含まれていないため、さまざまな事柄に使用することができます。

たとえば、何かを伝えるときにジェスチャーを使う、何かを選ぶときに抽選を使う、試着した気分を味わうためにマネキンを使うなどです。

「手法を用いる」の類語や言いかえ

「このやり方を使う」が似たような意味を持つ言葉です。

やり方とは、何かをするときの方法をいいます。

使うは用いるとほぼ同じ意味です。

「この」は話し手に近い場所にあるものを指します。

今話の中心になっているやり方や、近くで示せるやり方を使うことを「このやり方を使う」は意味します。

まとめ

何かをするときには、何かのやり方を選択します。

何かをするやり方が一つだけのこともあれば、複数のこともあります。

あるやり方を選んでそれを使うことが「手法を用いる」が意味することです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典