スポンサーリンク

「手間」と「労力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「手間」と「労力」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「手間」「労力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「手間」とは?

「手間」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「手間には、「そのことをするのに費やされる、時間または労力」という意味があります。

例えば、洗い物をするとき、ある程度の時間や労力が必要になります。

そこで、「洗い物をする労力を、勉強に使いたい」などという文章を作ることができます。

次に「手間」には、「手間賃」を略した意味があります。

「手間賃」は、「時間や労力をかける代償として、支払う賃金のこと」という意味があります。

「買い物を代わりにしてくれた、手間を払う」などという使い方をします。

最後に「手間」には、「手間賃を取ってする仕事。

またそのような仕事をする人」
という意味があります。

ちょっとした仕事をしてもらうとき、「手間を雇って仕事を任せる」などという表現をすることがあります。

基本的に、最初の「そのことをするのに費やされる、時間または労力」という意味が、一般的に知られている意味になります。

「労力」とは?

「労力」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「労力」は、「何かをするために身体を働かせること」という意味があります。

「骨折り」という意味もあります。

「労力を惜しむ」という定型句として使用されることが多いです。

次に「労力」には「労働力や人手」という意味があります。

何かの仕事を始めるとき、労働力となる人が足りない場合は、募集をかけることになります。

このような時、「労力を集める」などと言います。

いずれの意味でも使われることが多くなっています。

「手間」と「労力」の違い

「手間」「労力」の違いを、分かりやすく解説します。

「手間」には、「そのことをするのに費やされる、時間または労力」という意味があり、「労力」には、「何かをするために身体を働かせること」「労働力は人手」という意味があります。

このように2つの言葉には共通する意味があります。

「手間」には、「そのことをするのに費やされる、時間または労力」という意味があり、「労力」が含まれています。

つまり、「労力」の意味である「何かをするために身体を働かせること」は、「手間」の持つ意味の一部となっています。

言い換えれば、「労力」プラス「時間」が、「手間」いうことができるでしょう。

「穴を掘るために、労力が必要だ」という場合は、「体を働かせる必要がある」「人手が必要だ」という意味があり、「穴を掘るために、手間が必要だ」という場合は、「体を働かせる必要と、時間が必要だ」という意味があると考えることができます。

まとめ

「手間」「労力」の違いについて見てきました。

意味が重なる部分がある2つの言葉は、とてもよく似ています。

「労力」は主に「人や身体的活動」を意味するのに対して、「手間」「身体的活動プラス時間」を意味すると覚えておくと、使い分けることができそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典