スポンサーリンク

「手間をかける」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「手間をかける」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、手間をかけるの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

手間をかけるとは?意味

手間をかけるとは、知識と能力をかけて、様々な工程を取り組んでしっかり念入りに作りこむことを意味します。

手間と時間をかけて作ることで物が壊れにくく、しっかりした作りの物ができるわけです。

職場では、労力をかけて念入りに資料を読み返すことでより質のいい仕事に仕上げられます。

手間をかけた商品開発することでさらに売れるものができ、企業に貢献する人材となるのです。

手間をかけるの概要

自ら作る物に対して、念入りに時間をかけることでもっと美しく仕上げたり、理想的な形に整えるのが手間をかけると言います。

この手間をかけるを敬語で表現するときは「手間を取らせる」と表しますが、手で丹念に物を作るその状況を指す言葉です。

人は手間をかけることで満足した気持ちになり、感情を高ぶらせます。

その感情はときにいい発想へとつながり、ますます理想的な物を生み出すことにつながるわけです。

手間ひまをかけた物は人を魅了し、壊れにくいので時代を超えていつまでも残ります。

説明書を見ながら作るのではなく、自分の発想を惜しまずに物へと注ぎ込みます。

壷であればただ形を作り上げるのではなく、より上手く作り上げますし、取ってを付けて持ち運びしやすくする、底を平らにして、より安定するように作るのです。

色も一色だけではなく、いくつも混ぜ合わせて納得ゆく美しい色合いに配合し、それをこと細かく塗りこんでいく。

そして、他人には真似ができないような絵柄を描き込みます。

また、割れにくい特殊な加工を施したり、依頼者の希望に添うように作り上げていく。

それが手間をかける最大の特徴でもあるのです。

手間をかけるの言葉の使い方や使われ方

物を作るときに能力と時間を注いで作り上げるときに使うこの手間をかけるは、家を建てるとき、服を作るとき、宝飾品を作るときなど幅広い物を作るときに使われている言葉です。

他にも結婚式に頼まれていたお祝いの言葉や部屋の内装を変えたとき、風呂の掃除などに手間をかけてやったことを人に強調するときにも使われています。

自分がいかに頑張ってやり遂げたかを伝えるときに使えば、相手はより心を込めて感謝してくるでしょう。

普段から使われている言葉ですが、より手の込んだ物を作る和菓子や陶器を扱う人などが使う機会が多い言葉でもあります。

手間をかけるを使った例文(使用例)

・特別な日なので、手間をかけて夫のために手料理を作り、退職祝いをした。

・手間をかけることでより質のいい大皿に焼き上げる。

・素晴らしい芸術作品は手間暇をかけていることが一瞬でわかる。

長年会社で働いてくれた夫が退職する日はお祝いと感謝する気持ちを込めて、普段よりも一段と時間をかけて特別な料理を作ります。

また、時間をかけることで拘りを持った物作りができますし、手間をかけた作品は他人から見てもすぐにわかるのです。

まとめ

時間をかければ、よりどこを変えれば人を魅了する形になるか、割れにくくなるかが見えるようになります。

ときにお金もかければさらに拘りのある、手間がかかった作品を作り上げることもできるわけです。

自分で手間をかけた作品を作り上げたいなら、その物だけに集中して取り組み、時間と拘りを持って取り組んでみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典