「打ち損ない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「打ち損ない」とは?意味

「打ち損ない」には、「球などを上手く打てない」という意味があります。

「打ち損ない」の読み方

「打ち損ない」の読み方は、「うちそこない」になります。

「打ち損ない」の表現の使い方

「打ち損ない」の表現の使い方を紹介します。

「打ち損ない」には、「球などを上手く打てない」という意味があります。

そのため、球技などで球を上手に打てない場面を見た時に、「打ち損ない」を使ってみましょう。

例えば野球の試合中、投手が失投した時、力が入って球を上手に打てないことがあります。

この様子を「失投を打ち損ない、ファールにする」などと言います。

このように、球などを上手に打てない時、「打ち損ない」という言葉を使ってみましょう。

「打ち損ない」を使った例文や短文など

「打ち損ない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「打ち損ない」を使った例文1

「ティーショットを『打ち損ない』OBにしてしまう」

この例文は、ゴルフの試合で、ティーショットを上手に打てずに、OB杭を越えてしまったという場面になります。

このように、ゴルフボールを上手に打てない場合も「打ち損ない」という言葉を使います。

OBは二打罰になってしまうため、挽回するのが難しくなるかもしれません。

「打ち損ない」を使った例文2

「『打ち損ない』でファールにした後で、ホームランにする」

この例文は、野球の試合で、絶好球などを上手に打てなかったバッターが、次の球を、ホームランにしたという場面になります。

一度のミスを次の機会に活かせた、スター選手のような打撃になります。

このように野球の試合中に、球を上手に打てない様子も、「打ち損ない」と表現できます。

「打ち損ない」の類語や類義語・言い換え

「打ち損ない」の類語や類似を紹介します。

「ミスショット」【みすしょっと】

「ミスショット」には「ゴルフやテニスにおいて、球を意図通りに打てないこと」という意味があります。

「ミスショットして池に入れる」などという使い方をします。

「凡打」【ぼんだ】

「凡打」には、「野球でヒットや犠打にならない打撃をすること」という意味があります。

「ノーアウト満塁で、凡打に終わる」という言葉には、「ノーアウト満塁のチャンスで、ヒットにも犠打にもならない打撃をした」という意味があります。

「チャンスで凡打する」「凡打した打者にヤジが飛ぶ」などという使い方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典